集会所

*とりあえず、「EVA全般&雑談」スレッドからどうぞ。☆印のついたのが、現在アクティブなスレッドです。レスは一番下まで(使いにくくてすいません)。

*誹謗中傷・個人情報等、不適切な書き込み、ならびに本サイトと関連性のない広告類は一切禁止です。

*移転前のスレッド一覧の一部は旧掲示板旧スタッフブログに格納されています。

☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2010/01/25 (Mon) 01:07:28

というわけで、Hoffnung用のつぶやきスレッドを作りました。
まさか「管理人隔離スレ」なんて自分で作るのも笑えるし。正確には「管理人の片割れ」なんですが、あまりくだくだしいのもいかがなもんかと。

要するに、身近にあるもの、気に入ったもの、唐突に思い出したもの、などなどについてつぶやいていこうというわけです。

本当なら、SS/FFを書けばいいのだけれど、なかなか気合いが入らない。んで、入らないままに何もしないと、いよいよ文章が書けなくなるんで、メンテナンスモード中の、「強化」よりは「劣化防止」のための筆すさびかしらん。

掲示板は横着星さんがサイエンスネタや、涙なしには読めないイタネタを投下してくれてるんで、私も管理人らしい(?)ことをしてみようかという次第です。

とりあえずちびりちびりと、音楽とかマンガとか飲み食いとか、そんなネタで、「ヲタの成れの果て」の成分表示をさらしていきますわ。

ごあいさつ - Hoffnung

2017/01/10 (Tue) 23:39:50

あけおめでございます
気がついたら広告が花盛りにはならないよう、メンテくらいはちゃんとしていこうかと
今年もよろしくであります

トップ画像更新 - Hoffnung

2016/10/09 (Sun) 20:07:21

夏の終わり? 今年は秋らしい秋がないけれど、どうなるやら。そろそろ構成ファイルをいじらないと広告祭りになるので、更新してみました。

images of the harvest moon - Hoffnung

2016/09/19 (Mon) 08:18:47

http://abcnews.go.com/International/photos/images-harvest-moon-world-42159804?cid=clicksource_4380645_14_big_feature_bf_image/image-42160132

綾波さんに似合うのはどれだろう

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/08/16 (Sun) 00:49:46

また8月15日が過ぎる。
しれっと何事もなく。あまり大げさに言上げするのもアレだが、例えばダンサーのさりげない一歩の背後に無数のステップの練習の積み重ねがあるのと同じく、この怠惰な一日がどれほど多くの労苦の上に成り立っているのか理解する努力は続けないとな。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/04/04 (Sat) 20:17:19

畢竟庵野は端倪すべからざる人物で、庵野殺スの自虐ネタとか巨神兵とか

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/04/03 (Fri) 01:30:19

@大気不安定
@Hoffnung
The Wunder was a little bit like Space Battleship Misato.

I didn't like it very much.

I really liked Space Battleship Yamato 2199, though!

I also saw picture related.... I hear rumours that it was confirmed a reference to Rei Ayanami as well?

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/04/02 (Thu) 20:44:17

>Nadia

ネモ船長!
Captain Nemo!  

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/04/02 (Thu) 15:18:07

Hi Rei-fan,

You know it quite well. Indeed, Wunder in "Q" was a self-remake of Nadia, which was a curious parody of Space Battleship Yamato. I wonder if Anno wanted to do his own Yamato after Izubuchi's remake Yamato 2199, which was an impressive success.

今年の花見は荒れそうだな(謎笑

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/04/01 (Wed) 22:38:43

>>Who's he?
Anno of course.

He seems to be the king of "Redoing", despite producing a movie named "You can (not) Redo".

Next up he'll redo Nausicaa, he'll redo Gunbuster and Aoki Uru (Royal Space Force: The Wings of Honnêamise)....

now whether this is an april's fools joke or not is uncertain, but now he's redoing Godzilla as well.

At the very least, the very, very least, he could give Rei Ayanami, who is as far as I know one of if not his most popular and well-received creations ever, a fair, respectful and decent "Redo".

That won't happen in Rebuild any more, but it should happen.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/04/01 (Wed) 22:06:53

> he decides

Who's he?

エイプリルフールネタだと良かったのに>< - 横着星

2015/04/01 (Wed) 18:12:36

もう余計な事してないで、いい加減エヴァの風呂敷畳んでよ><

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/04/01 (Wed) 16:28:23

Tradition is that the birthday matches the voice actress (林原), but it is unofficial still - Rei's birth date is unknown.

As for Anno and Godzilla... well it is the first of april, but I it's news I wouldn't care for either way. I'll be interested in the time he decides to write Rei seriously.

Re: April Foolなのか? - Hoffnung

2015/04/01 (Wed) 15:01:38

自己レスですが。
庵野氏の口のきき方が、どことなく小保方っぽいと思ったのはわしだけ?

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/04/01 (Wed) 10:09:51

Rei-fan,

Yes, that's right. Happy birthday Rei!

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3-BIRTHDAY-AYANAMI-Shiro-SAGISU/dp/B00005HVPT/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1427850433&sr=1-1&keywords=rei+ayanami

林原さんもハッピーバースデーであります。このさいゴジラに出演されてはいかがでしょう。

April Foolなのか? - Hoffnung

2015/04/01 (Wed) 10:06:20

http://www.excite.co.jp/News/cinema/20150401/Cinemacafe_30323.html

こちらもトップページに貼る小ネタを考えていたけど、現実には勝てんなw

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/03/31 (Tue) 04:37:00

Today is Rei's unofficial birthday, right?

Happy Birthday, Rei!

@大気不安定
That's right. "Can't" is the right word.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/30 (Mon) 23:25:26

>絶対無理

でも奇跡は起こるよ何度でも

So miracle is called miracle.

そこまで過激に言う気はないけど・・・ - 横着星

2015/03/27 (Fri) 15:04:54

ああいった人達が大きな顔してられるようでは、アニメとかを世界に売り出し外貨稼ぎとかクールジャパンとかは絶対無理な気がする^^

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/26 (Thu) 21:15:44

Um…

やっぱり庵野殺セ かなぁ

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/25 (Wed) 22:00:52

>"miracle" will solve anything?

無理、むり、ムリ。
can't,can't,can't.






あははは - 横着星

2015/03/25 (Wed) 21:07:50

私もたった今、それ見て紹介しようと思ってたとこだったわ^^
なんか懐かしい画像が幾つかあったよ^^
確かタイピングゲームだかのも複数あったな。

目新しいものはないかもですが - Hoffnung

2015/03/25 (Wed) 21:02:59

http://blog.livedoor.jp/nizigami/archives/43342476.html

ひさびさにまとめサイトにあがったもんで。assorted pics of Rei でござんす。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/24 (Tue) 21:52:36

Though this is not an anser;
Someone named something a miracle or the miracle.

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/03/24 (Tue) 02:49:48

>>大気不安定
Thanks.

Although I do want an answer...

how can you think a "miracle" will solve anything?

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/23 (Mon) 20:41:22

While thanking Hoffnung and Canopus,

This is Liberty Hall. You can spit on the mat and call the cat a bastard,I think.


Hoffnungさんと横着星さんに感謝しながら、

ここは自由の殿堂だ、床につばを吐こうが猫を悪党呼ばわりしようが自由だ、と思います。

御大 - 横着星

2015/03/23 (Mon) 09:24:35

諸星さんは良いけど、庵野さんとか貞本さんが「御大」とか権威みたいになるのは承服しかねるなあ><
両人は、何度か言ってるけど・言葉は悪いけど「裸の王様」に出てくる仕立て屋を称してた輩と同類と私は思ってますですよ><
実際、諸星さんは20年後(私が完全に老境)でも作品読んで面白いと思うけど、エヴァを見たいか?・見て面白いか?って考えると絶対「否」な希ガス><

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/03/22 (Sun) 04:19:01

@大気不安定
also I want to pre-emptively apologize for sounding angry and upset.

It really gets at my nerves this.

また、私は事前にプリエンプティブ怒り動揺鳴らすことをお詫びしたい。

それは本当に私の神経これで取得します。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/03/22 (Sun) 04:14:54

@大気不安定
>But the miracle happens again and again.
There has never been a miracle.

Miracles are a joke, especially in fiction. The original Rei did not need a miracle, it's a good character from start to end. Regardless of how it ended. Now that's true worth.

"Miracles" are CHEATING. If you add a "miracle" now, it would mean nothing. I could also make the same miracle myself, in my head or by writing it down. But I won't, because I know it'd be nonsense, fake, and rubbish.

also:
There should not be alot of Rei's. There should be Rei, nothing more. I take "more initialized Rei types" as an insult to the characters integrity.

...I wish I was joking.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/22 (Sun) 00:10:50

でも、奇跡は何度でも起こる。
14年経ったら、どうなっているか分からない。
レイは、何人もいる。アヤナミタイプの初期ロットだけではない。

But the miracle happens again and again.
I do not know what happens in 14 years.
There would be alot of Ray. It is not only one of initialized Ayanami types.

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/03/21 (Sat) 07:15:09

@Hoffnung
Great. I hope it wasn't too serious.
It sort of seemed serious.

@大気不安定
>You agree with Rei-fan,don't you?!
Are you saying you don't?

Why would you disagree? Things are not good with Rei in Evangelion now. Pretending that things are fine will only make things worse.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/18 (Wed) 23:53:39

>御大

諸星さんは御大、いずれ庵野さんは、御大と呼ばれることになるでしょう。

Re: 暗黒神話 完全版 - Hoffnung

2015/03/15 (Sun) 08:42:28

いやー、諸星御大には平伏するしかありませんわ。何十年も昔に「暗黒神話」を読んだときの衝撃は忘れられない。ご本人も言っているけど、ジグゾーのピースを組み合わせるような方法論はすごいっす。TVシリーズのエヴァも途中まではそんな雰囲気を感じさせたんですが、雰囲気で終わりましたね。新劇でもそれはなく(さすがに期待はしてなかったけど)。でもまあ、説明過多の小説やアニメ(説明係が延々と語り続けるやつ)は駄作になりがちだから、さじ加減は難しいですよね。

暗黒神話 完全版 - 横着星

2015/03/15 (Sun) 00:01:00

>エヴァを「完結」させるのは庵野氏ではないね。
 一寸前に「画楽」って漫画雑誌で諸星さんと庵野さんの対談があったのだけど、諸星さんも世界観を広げるだけ広げる人だったが風呂敷はちゃんと畳む人だった。 庵野さんにも畳み方を伝授出来れば良かったのだけど無理っぽいなあ(苦笑)。

特に現在連載してる『暗黒神話 完全版』では旧作よりもより若干エヴァの世界観と言うか主人公がシンジっぽくなってるし(元々シンジの元になった一つと言われてたので、加筆するにあたって確信犯で遣ってるのだろう)どういったラストを迎えるか実に興味深い。

今出てる最新誌では弟橘媛が出てきたから(エントリープラグの元になったのが「あれ」だろうとも言われてるし、それより何よりこの歳になって見ても「あのシーン」は実に衝撃的><)あと一回か二回で最終話だろうしラストをどう変えるか・変えないか実に楽しみ^^。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/03/13 (Fri) 17:57:31

追伸。
富野氏はちゃんと「逆襲のシャア」で、ガンダムの原点であるシャアとアムロの物語を「完結」させてますね。言葉足らずでした。福井氏のUCは宇宙世紀の物語全体を「くくる」のだと言えるでしょう。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/03/13 (Fri) 16:15:39

Hi Rei-fan,

Many thanks for your caring words. I'm getting better, after all.

しかし、少し持ち直して、ある程度の時間同じ姿勢ができるようになってから、撮りだめしてあったガンダムUCをじっくり見て、その後でガンダムThe Originを見に行って思った。

エヴァを「完結」させるのは庵野氏ではないね。彼は完結させる方法論をもたず(あるいは敢えて投げ捨て)、「ありうるヴァリアントのサブセット」を提示して終わりにすると思う。オリジナルを作った人が途中で自分の曲の変奏を演りだしてわけわからなくなったという感じ。

その意味で、富野氏によるファーストガンダムからの宇宙世紀サガを、非常に多くのファンが納得できる形で「完結」させたのが、元々ガンダムファンであり、一種の二次創作として出発した福井氏のUCであった、というのは示唆的ではある。エヴァも同様に、熱いパトスをもったプロの小説家が本筋をおさえつつ、必要最低限のプロットの整理と設定の合理化を行ったうえで、UCのような正統派の二次創作を出して、ファンの思いを受け止めるような形になるのが、「たった一つの冴えたやり方」ではないかという気がしてきたわ。

マルチエンディングとかメタ的な講釈なんかは、けっきょく作り手の優柔不断の産物じゃなかろうかと思うようになった。「物語」というのがフル・フロンタルの言うような、多くの人々の思いを受け入れる「器」であるなら、一にして全であるべきで(このへんは茶の湯の発想ぽい?)、マルチ何とかに拡散するのは単なるムダだと思う。

ま、しょせんひねくれヲタクのたわ言ですけどね。何を言っても現実化するわけじゃないしw

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/09 (Mon) 21:22:16

時は流れた。

Time went by.
Time passed.
Time flies.

もう、あの綾波はどこにもいない。
でも奇跡はおこるよ、なんどでも、

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/03/09 (Mon) 10:56:33

I sincerely hope you get better. I also hope it is not very serious and that a full recovery will be made.

I have to say I completely find myself in your words. It's all clearly written and comes across perfectly...

Especially the despair at the bottom of the box. What can we do indeed? The original Rei is great, but the travesty of today makes it unbearable to observe or exist in Evangelion fandom.

I didn't want to see Rei reduced to this zombie-like state as well. But I see it as already having happened with Q, it's not reversible.

The plan ahead that exists for Rei in Evangelion is simple: to be portrayed as abjectly inferior (to everyone else). Because I believe that matches the desire of the people who write Evangelion now.

Rather than making every piece of EVA as great as they can muster, they would destroy parts of it to enhance others. So indeed, it is half-dead like you imply it is. Still moving, still animated, but it's dead. It has no soul. So the worms feast.

When was the last time any of you could be positive about 綾波レイ in Evangelion?
Did her motifs get expanded, or did they shrink? Her thoughts, anything?

You know the answer to that. Even the simple, superficial things are disappearing. Like her EVA, her weapons, her abilities, things like that are written out too, and given to others.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 横着星

2015/03/09 (Mon) 05:14:36

前も紹介したけど、これって何回もUPつーか再送されてるよね^^
よっぽど鬱屈たまってるっぽい、でも解るわあ^^

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/03/07 (Sat) 09:59:37

ひさしぶりに読んだけどワロタ

http://sonicch.com/archives/40039640.html

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/03/06 (Fri) 08:47:16

大気不安定どの

お気遣い有り難うございます。徐々に良くなってはおります。喘息が出てしまったので、じっとしてても脈が80/分オーバーとか(ふだんは60くらい)、自分が自分でないみたいです。

先日の書き込みは、「黒保父」でしたね。でも案外、次の映画のラストは学園エヴァをものすごい作り込みで延々やってくれたら、いっそ気持ちが晴れ晴れするかも(爆

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/04 (Wed) 23:46:37

You agree with Rei-fan,don't you?!

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/03/04 (Wed) 22:19:51

Please take care of yourself.
Because it might be my own problem,not only yours。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/03/04 (Wed) 20:56:30

Well, (暗いぞぅ。お覚悟を)
I've had a health problem for the past several weeks and have not been able to write beyond a few lines in whatever medium. But now I'm getting slightly better, however sluggishly.

Spending many hours in bed, my thoughts turned naturally negative and grim. Many tasteless metaphors hovered in my mind that would make almost anyone frown. I forgot most of them, but here's one that I can still remember.

Evangelion is a zombi, undead. Been so since probably the time of "Q". It cannot die, but is absolutely not alive either. Like a typical zombi, it is rotten and almost immobile, covered by worms all around. But the crucial feature of this zombi is that the worms make money. Unlike the goose that lays golden eggs, Eva does not by itself produce anything, only its parasites lay "golden eggs".

So the (un)story goes on. The undead won't die. But as an old fan, I don't want to see Rei becoming a zombi (which she almost is in "Q"). What can we do? Methinks Mr Rei-fan's cry is finally right. If Rei is not "alive" any more and also we don't want to see her becoming a zombi, the only remaining path would be...

Oh my, maybe it's time to take pills and go back to bed. Sorry about the mess.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/02/05 (Thu) 23:51:06

あー 百田委員は人気ぎれで辞任とか再任辞退したみたいですが。

Re: 籾井会長の? - Hoffnung

2015/02/04 (Wed) 21:37:33

あ、いまはそんな人がエライさんなんだ。
あそこは金持ってるから(何たって皆様のNHK)、腰を落ち着けて作る文化・歴史ものは今でも強いと思いますよ。ましてヨーロッパの古代中世の美術史なんつーと、左巻きだろうが右曲がりだろうが、干渉の余地もありますまいて。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/01/28 (Wed) 21:25:41

>NHKあたりで良質な

籾井会長の?

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/01/26 (Mon) 21:02:04

I refferred all the people who came to this site, not only you ..

I know you love the old series much.
You could see the new.
So can I,probably.


読書記録 - Hoffnung

2015/01/26 (Mon) 17:39:36

岡田温司『マグダラのマリア』中公新書、2005

西洋絵画は機会をみつけてときどき見る(詳しいとは言わん)。特に中世の終わりからルネサンスにかけてのリアルとテンプレが共存するあたりの絵は興味をひかれる(だが理解しているとは言わん)。この時代、当然キリスト教の宗教画が多いわけだが、聖書もろくに読んでいないため、誰がどんなふうに描かれているのか、わからない部分が多い。

そんな中、とりあえずよく出てくるのでマグダラのマリアという名前は覚えたのだが、聖書の中でどのような位置づけで、図像学的にどういう約束事があるのか、興味はあれど調べる気力もなかったところにこの本。出先の古本屋(田舎だが意外と新書がそろってた)でふと目にとまって購入。

でまあ、色々わかって目出たしという次第。原始キリスト教時代の外典に「マリアによる福音書」があったとか、複数のマリア人物像がいつしか重ね合わされて一人の聖女の伝説が組み立てられたとか、色々面白い。絵画の解説が主なので、これまでわからなかったことが整理されてよかった。

昔(前世紀だな)、エヴァの考察で、レイ=白または青のイメージ、聖母マリア、アスカ=赤のイメージ、マグダラのマリア、なんて対応づけがされてたのを今になって思い出したよ。

この期におよんで庵野氏の「策略」に乗るつもりはないが、真希波マリの登場シーンが「ベタニアベース」だっけ? 今回、マグダラのマリアの本を読んでいて、「ベタニアのマリア」というのが出て来て、ほうほうと思ったよ。例によって、「マリ」〜「マリア」の類似性やベタニアという名前で何か引っかける気があるのかもしれない。まあ、これまでの「付き合い」で、考察するだけ損(ふたを開けても空っぽということが間違いない箱は開けたりしない)というのはわかってるけどさ。

でもまあ、話を戻して、普段はノーマークのことについて、歴史的観点から知ることができるのは楽しいもんだ。NHKあたりで良質なドキュメンタリーでも作れそうな本でありました。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/01/26 (Mon) 04:18:38

>大気不安定
Were you referring to me?

I like Gendo and all the characters from the original TV-series. But I can't stand Gendo or Mari in the new version.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/01/22 (Thu) 21:06:34

By the way,
碇ゲンドウと乱田舞て似てないですか?
両方ともサングラスをかけてる。
Gendou and Mai look like almost same,both wear sunglasses.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/01/21 (Wed) 21:29:23

> 同じ阿呆なら踊らにゃ損損

あんたばかぁと少しニュアンスが違う。
Nuance is differet a little bit between あんたばかぁ and 同じ阿呆なら踊らにゃ損々, I guess.

読書記録 - Hoffnung

2015/01/19 (Mon) 22:15:18

というほどでもないが、何も更新がないのも気が引けるので。しかも読み終えた本でなくて、最近買って読み始めた本や、とりあえず押さえに買った本のほうが多かったりして。

大倉幸宏『「昔はよかった」と言うけれど』新評論、2013

4刷までいってるから、けっこう売れてるんだなと。サブタイトルが「戦前のマナー・モラルから考える」。題名だけで内容がわかる、という意味では良い題名。単なる思いつきの雑文ではなく、戦前の新聞や雑誌における「今どきの」マナーの乱れを嘆いた文章記録をふんだんに引用して、「ついこないだの日本」を描き出す。

つねづね思うけれど、特定のアジアの国を指して「民度が低い」とか言うのはある意味お笑いぐさで、ほんの少し前までの日本だってろくなもんじゃない。しょうもない話は戦中世代の親から聞かされたけっこう聞かされた。昭和の後半から、世の中が落ち着いて豊かになり、世代が入れ替わるにしたがってワイルドな行動が抑制された結果が今の日本であろうと。暴走族だって、高齢化が進んで後継者不足になってるそうだ。

最後の方のページに、

...「時代が進むにつれて、日本人の道徳心は低下していった」などと、一概に今の日本人を否定的にとらえることは、先人たちが積み重ねてきた努力に対する冒涜にあたるとも言えます。

というくだりがあり、共感した。メディアによって、あるいはメディアですらなく、漫然と形成された「気分」によって作られた、「今どきの何とかは」という物言いを疑い、歴史的な観点から考え直すきっかけを提供してくれる本。何年かたって、中身をアップデートして大手の新書で出したらすごく売れそう。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/01/13 (Tue) 06:05:49

Great to hear from you as well, and I have to say, you really are the sweet to my sour.

>Do you mean the TV-original episodes (#25 and 26, not EOE)? There was no ending for Rei, as far as I understand. She only said "congratulation" to Shinji towards the end.
In episode #25 she does also initiate the Instrumentality Project. It was not a very detailed ending, but in episode #25 there was an important entry into Rei Ayanami's psyche that is extremely important for EoE I think.
Episode 25 is very important.

EoE wasn't very happy for Rei, but it was good and didn't compromise the character, I believe. That sort of ending is ideal, almost - happiness is a bonus!

>Hmm, since I'm no authority and not in a position to give a verdict before the next film materialize, I'd better shut up on this point.
I realize this sounds horrible, to say that they should die or stay dead, but it's an option. If I can give a verdict, so can you! We have seen three movies so far, that's almost everything to it's completion. What has been done cannot be undone.

I don't think Rei can be salvaged, beyond just becoming a farce. Though "farce" is perhaps the wrong word, I think a better word would be travesty.

Be honest with yourself, where ever we are going with Q's sequel, is there anything that can be done to restore Rei's character? I'm not talking of bringing her back alive, a snap of Anno's fingers can do that.
But bring back the belief, the quality and even the credibility and honor of the character? Can it be done?

>So are we! That's life, aint' it?
True, but you might wonder if it isn't too much of a waste of time.
There's also a saying that time you've enjoyed spending is not time wasted, but I've always been a little skeptical to that.

>Too true. Meanwhile, do you know the old Japanese saying, "踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損"?
I know now. It's strange but somehow the visitors and management on this site always have a saying prepared for the situation.

Nevertheless, I'm also doing a frustrated dance on this website, but less a dance and more like angry off-beat stomping.
(I really hope it's not too much of a bother)

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2015/01/12 (Mon) 23:19:52

Hi, Rei-fan, good to hear from you.
Here're a few quick res'es.

>"Happy endings" are not important.

That's a good point, and I agree that:

>Some "happy endings" in fiction are worse than sad or unhappy endings.

Certainly, I do not expect to see a nonsensical "happy ending". But then, as Eva fans now know, happiness is a multi-faceted notion. What would be "happiness" for Rei? What is/was her ultimate wish? Where would her soul aspire to settle with? I still need to think.

>Rei doesn't get a happy ending in the original TV-series,

Do you mean the TV-original episodes (#25 and 26, not EOE)? There was no ending for Rei, as far as I understand. She only said "congratulation" to Shinji towards the end. EOE did cast a spotlight on Rei and her crucial role in briging the story to conclusion (well, sort of), though.

>In Rebuild, Rei and black Rei should just stay dead. It's better that way.

Hmm, since I'm no authority and not in a position to give a verdict before the next film materialize, I'd better shut up on this point.

>Giving Rei a happy ending in Rebuild would just be a farce, it would be fanservice comparable to a panty-shot.

Anno is a quintessential otaku who does love farce. He is ready to laugh away any serious attempt at "rationalizing" Eva. Happy or unhappy, the sequel to Q will be, I bet, a farce.

>I believe people like https://www.youtube.com/watch?v=7vlserFwOho
are just wasting time.

So are we! That's life, aint' it?

>Khara makes this short movie with the attempt to fake the existence of meaning, but there is of course none. It's just merciless capitalization of fans like the ones
in that youtube video.

Too true. Meanwhile, do you know the old Japanese saying, "踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損"? So I keep dancing on this website, however timidly and with a gracelsss step.

Re: ☆ 管理人の独り言 - Rei-fan

2015/01/12 (Mon) 05:22:50

"Happy endings" are not important.

Some "happy endings" in fiction are worse than sad or unhappy endings. Rei doesn't get a happy ending in the original TV-series, but the ending was still great. There was little joy and no laughter, but it was a good ending still. Rei doesn't need a happy ending.

In Rebuild, Rei and black Rei should just stay dead. It's better that way. There is nothing within them to end. Happy or sad, their ending means nothing, because they already ended as characters in Q.

Giving Rei a happy ending in Rebuild would just be a farce, it would be fanservice comparable to a panty-shot.

>Hoffnung 新作映像
I believe people like https://www.youtube.com/watch?v=7vlserFwOho
are just wasting time. Throughout the video, he keeps saying he knows nothing and doesn't expect answers.

So the entire exercise in that video of putting everything together is done without being critical, without understanding. It's just repeating what they saw.

>so this happened, but we don't know what
>so this happened, but we don't know why
>so this happened, but we don't expect to know what it means

Still they glorify Anno and Evangelion, without knowing why.

Khara makes this short movie with the attempt to fake the existence of meaning, but there is of course none. It's just merciless capitalization of fans like the ones
in that youtube video.

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/01/08 (Thu) 20:40:23

>desparately narrow

But… not nothing とか思う

Re: 大気不安定どの - Hoffnung

2015/01/03 (Sat) 23:21:26

Oops, you're correct. Hope there'll be discussion on the "film". I had an impression that the happy-end path for Rei is desparately narrow, if there is any. Hmmm...なのです。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2015/01/03 (Sat) 21:15:34

あけおめ、ことよろ。

>http://animatorexpo.com/untilyoucometome/
これ前Rei-fanが言及していた。
Rei-fan mentioned this before.

でもって - Hoffnung

2015/01/03 (Sat) 02:13:04

アンタはなんも書かんのか? とお叱りを受けそうですが、うーん、アイデアはときどき浮かぶけど、文章化する根性がなかなかorz

基本アイデアだけなら、エヴァと艦これのクロスものとか。両者をのっける土台は、旧009(白黒)の「太平洋の亡霊」の回で。しかし最近涙腺がゆるくなったんで、帝国海軍の艦船の運命をたどりながらプロットやら決め台詞やら考えていると、うるうるして先に進めなくなる(情けなくも爆

新作映像?! - Hoffnung

2015/01/03 (Sat) 02:02:52

「つぶやき」スレッドってこれのことね。
すでに旧聞に属してしまいますが、12月に、

日本アニメ(ー)タ(ー)見本市 第7話

において、「until You come to me.」という映像が突如公開されました。urlは:

http://animatorexpo.com/untilyoucometome/

5分くらいの「紙芝居」です。音楽は素敵ですが、ヴォイスはなし、アニメ的な動きもなしです。一種のイメージフィルムって感じでしょうか。これが「Q」に続くものなのか、全くわかりません。例によっての「思わせぶりっ子」と言えばそれまでですが、ささやかな燃料投下にはなるでしょう。

最初、公式のサイトがわからなくてYouTubeを最初に見たのですが、英語圏(たぶんアメリカ?)でほとんどノータイムで「実況」している人たちがいて、おーやるなー、と思ったり。20分くらい熱く語っています。たぶん、"Evangelion Short Film Analysis and Discussion"で検索かけると出ます。奇跡的に時間があれば、はしょって「超訳」したのを公開できるかも(約束はできんが)...

一つだけ、上のディスカッションについてたコメントで面白いのを紹介します。untilって小文字で始まってるくせにピリオドがついてるのは、これまでの劇場版の英語副題に続けると一つの文になるからじゃないかという。

You are (not) alone until You come to me.
You can (not) advance until You come to me.
You can (not) redo until You come to me.

なるほどね。Youが大文字なのは特定の人ともとれる。

と、まあ、この程度なら「釣られた」うちには入らないかな? 皆様のレス、お待ちしていますぅ。

エヴァ世界の雪 - 横着星

2014/12/23 (Tue) 07:24:53

考察合戦華やかりし頃、だからかなり大昔。 続編の「冬エヴァの画像」と称される真偽不明のモノ(冬服を着た雪原のレイ)が出てかなり物議をかもした事があったけど、今はもう誰も知らんだろうなあ^^

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2014/12/23 (Tue) 01:59:06

大気不安定どの

>エヴァ世界で雪というのは、初めて見たような気がします。

言われてみれば...と思ったけど、Frame by Frameで雪っぽい描写をしてるのを唐突に思い出しました。レリエル相当の使途が出る回に、壊れた冷却ダクトだかのせいで、自然の雪ではありませんが。何をやっている>作者

貞本エヴァ最終巻:感想5 - Hoffnung

2014/12/23 (Tue) 01:54:17

まあ、小ネタといっても、1−2ページで済むような、同人誌向けパロディのメモみたいなもんで。

貞本版エヴァ最終回、感動のエンディングに続いて...



努力の甲斐あって志望校に合格したシンジ。入寮手続きなどモロモロすませ、あとは期待に胸をふくらませて新学期を待つばかり。

(この学校で、どんな出会いがあるんだろう。そういえば、入試の日に会った、あの子、合格したのかな?)

春の訪れも近い。雪もところどころ溶けて、地肌がわずかだがのぞく場所もあった。

ふと、雪と泥の入り交じった校庭の一隅にシンジは目を向ける。奇妙な違和感と既視感が同時にあらわれる。水をふくんでバサバサになった本のようなもの。中腰になって見ると...

一冊ではなかった。その場所には何冊もの本が散乱していた。題名を見ると、「スキゾ」だの「パラノ」だの、よくわからない単語が印刷されていた。中にはマンガもあった。手にとって見ると、表紙には「新世紀エヴァンゲリオン 14」の文字。

どこからか、声が聞こえる。

(これが、あなたの望んだ世界)



...と、ここまで。

後は、メタでスラプスティックな描写をてきとうにやってゲシュタルト崩壊しておしまい。溶け始めた雪を蹴散らかしてみると、泥濘の中から大量のエヴァグッズが姿を見せたり、腐女子の書いた同人誌が出て来たり、果ては死屍累々たるオタクの行き倒れが埋まっていたり、その中には庵野氏や貞本氏もまじってたり、それに石を投げるマニアがいたり、なんたらかんたら。

きっとこれは書き割りなんだ、壁がパリンと割れて「おめでとう」ってみんなが言ってくれるんだ、と思ってもそんなことはなく、駆け出したところでホリゾントに飛び込むでもなし。

空からはまた白いものが降ってくる。よかった、これでまた感動のフィナーレだ...

だが、降って来た白いものは、雪の欠片ではなかった。それはとてもとても白い、純白で真っ白な、「白い目」なのであった。世界をすべて覆い尽くすかのように、しんしんとやむことなく、白い目がただひたすらに降り注ぐのであった。



...こりゃあきまへん(爆
それではおやすみなさい。

Re: 貞本エヴァ最終巻:感想3 - 大気不安定

2014/12/15 (Mon) 22:54:33

>やっぱ、雪というのは

エヴァ世界で雪というのは、初めて見たような気がします。
その世界についてたくさんのことを知っていないけど。

貞本エヴァ最終巻:感想4 - Hoffnung

2014/12/14 (Sun) 15:35:16

まあ、そんなわけで、中間マトメ。
一言で言えば「予想通り」。基本的にTVシリーズ+旧劇場版を下敷きにしたマンガ化だから、いい方にも悪い方にも、「サプライズ」はない。旧劇EOEが「ブン投げ」だったんで、それを踏襲したというだけですわな。その意味で、貞本エヴァがクリエーターとしての責任を放棄したとは必ずしも思いません。

先立つ巻でも、大筋はアニメ版に従ってましたしね。登場人物の「出処進退」は変わらずで。いわゆるアクション中心の「荒事」はアニメ版をほぼなぞり(場合によってはコンテどおりに)、人物の機微の「和事」の部分で作者らしさを出すという流れでした。全体に、人物描写はマイルドで本音も出やすい方向でした(ゲンドウのシンジに対する気持ちとか)。だから、綾波派の人たちはアニメ版になかったシンジとのふれあいに一喜一憂したわけですね。

そうはいっても、EOEの部分は人物の「出処進退」そのものだから、いじれる部分はほとんどない。その意味で、高く「評価」はしないけど「納得」はした次第です。かつてTVシリーズからEOEまでに感じた高揚感(と脱力感)が甦ることはあっても、新たな感動はさすがにない。

そして、もちろん「満足」はしていない(w
ではそうすればよかったのかというと...EOEの補完シーン(破綻を含む)の終わりと、再構成した世界との間に、シンジの心情描写を中心とした回があと連載1回ぶんくらいはほしかったかなと思います。第三新東京に来てから出会った人たちとの関係を見直して、あらためて他人のいる世界をトータルに望むような描写とか。死んでいった人物への思いとか。そういうのがあれば、教訓パートとしてもう少し厚みが出たんじゃないかと。

再構成した世界のエピローグは、前の書き込みでも書いたとおり、せっかくオリジナリティが出せるところなのだから、「雪はすべてを真っ白に覆い隠していく」というベタな情緒に訴えかけるよりは、もうちょいひねりが欲しかった。あの描き方が生きるのは、いろんな謎やら葛藤やらが全部解決されて、本当にもうエピローグしか残っていません、という流れの上でだと思うのです。

そうはいっても、EOEの頃にマニアが騒いでいたように、補完計画とは何かとか、ユイの望みは何だったのかとか、加持は何を狙っていたのかとか、アダムとリリスの関係はとか、その手の「謎」がマンガの中でダラダラと語られることを望んでいるわけではありません。もともと矛盾のある設定だから、さらに語ったところで新たな食い違いが出るのが関の山ですし。やるなら公式に固めた設定資料集ブックレットを付録でつけるくらいにしないと。新劇場版が出たいま、ストーリーは大きく違っているんだから、旧作は旧作として設定を公開しても損はしないと思うのよね。

...などと考えていたら、しょうもないパロディ小説のネタを思いついた。なぐり書きっぽいものでもこのスレッドに書いてみようかな。

Re:貞本エヴァ最終巻:感想3 - 大気不安定

2014/12/11 (Thu) 21:03:54

〽あの夏の光と影はどこへ行ってしまった~のー

思い出さえも残しはしない あたしの夏は明日も~続くー ⋯

いまはもう秋、 冬か。

貞本エヴァ最終巻:感想3 - Hoffnung

2014/12/09 (Tue) 23:44:12

見せ方の工夫について。
やっぱ、雪というのはずるいかなと。素人の書く小説や同人誌、あるいは才に乏しいドラマの演出などでよくあるけど、雪を見せると、(関東以南の都市部と限定したほうがいいかもしれんが)日本人は無条件でうるってなんっちゃうんですよ。エヴァ世界が夏だから再構成された世界が冬で、というのはちょっと芸がない。

どうせなら、元のエヴァ世界と変わらず暑い夏なんだけど、夕方になると蝉の鳴き声が静まり、エヴァ世界ではなかった季節の移ろいが感じられるようになるとか(風が涼しくなったとか、鈴虫の鳴き声が大きくなったとか)。それで世界の組み替えがほのめかされる、とかのほうが個人的には好み。それだと受験でどうこうでなくて、お祭りに浴衣姿で来ていたクオーター美少女のアスカとばったり遭遇でも面白そう。

エヴァ量産機らしき謎のオブジェが残されている、というのは最終話で面白いと思った部分でした。世界は組み替えられたけど、その引き金となったイベントのピースは意味不明のまま残っていると。まあ、シンジ自身が「前世」について全くおぼえていないよりは、薄れゆく遠い記憶の中であれは何だったんだろう、と自問するくらいのほうがSFというかファンタジーぽさは出ると思いますけど。

その前の、最終話に至るまでの部分は「ああそうですか」で終わりかなぁ。感想2に書いたような理由で、私は批判・非難はしないけど、逆に肯定的評価もしない。とりあえずコミカライズはできました、終わりという感じ。それだけならこんなに時間をかけることもないと思いますけど、作者なりの葛藤はあったんだろうな、と同情的コメントをしていったんおやすみなさい。

貞本エヴァ最終巻:感想2 - Hoffnung

2014/12/09 (Tue) 23:30:38

んで、中身について。全体の印象から。

私はコミックスが出てから買う派だったので、連載中はフォローしてませんでした。しかし管理人の片割れ氏が「何も考えとらん、ありゃブン投げだ」と嘆くのを聞いて、どんなもんだろうかと思って読み始めた次第。さすがに最終話の載った号だけは、一種の「記念品」と思って買い、読んでは見たけど、見るからに「エピローグ」という感じで、そこに至るまでそれなりのドラマの展開があって、再構成された世界でシンジが一歩を踏み出すことになったのだろうな、と想像しておりました。

この想像そのものは、おおよそ当たっていたわけですが、コミックスを買ってひととおり読んでの感想は...

確かにブン投げだわ。最終話そのものは、決して嫌いではないのですよ。貞本氏もどこかで最終話だけは決めてあるというような言い方をだいぶ昔からしていたし(シンジが街を出て行く云々)、中二時点で物語が始まり、それから少し時間があって受験に向かうのは不自然ではない。そして手を取り、未来につながる対象として登場するのが完全なる他人としてのアスカ、というのもわかる。EOE(1997年のいわゆる旧劇場版、End of Evangelionですね)のラストがやはり他人としてのアスカの再登場だったのと、呼応していると言えなくもない。

しかし、これはブン投げだといっても、EOEで庵野氏がやらかしたブン投げに対して、遠心力2割増しでさらに投げ出しました、という感じではない。言ってみれば、最終話以外は、EOEをそのままなぞってみた描き方。その限りで、ブン投げ責任はEOEの側であって、貞本氏自身ではない。

もちろん、多くの人がありゃ何じゃと首をかしげたEOEを15年以上経ってるのに、そのまんまなぞること自体は、クリエーターとして批判されても仕方ないと思います。創造的な意欲があれば、もっと自由に描けたのではないかと。

このへんは、「大人の事情」がどうなっているかわからないので、何とも言えませんがね。TVシリーズからEOEに至る、「基本テキスト」としてのエヴァから大きく離れないということが、有形か暗黙かは別として、版権者と貞本氏の間での合意事項であるなら、それはそれで仕方ない。

ただ、基本的な画力が高いから読めるものの、絵そのものに、アニメとは違う「マンガ」としての見せ方の工夫が欠けているという点は感じました。貞本氏が輝くのはイラストレーターやキャラデザインとしてであって、漫画家としてではない、という意見をときどき耳にしますが、「創造的情熱」の薄い最終巻を見ていると、その思いを強くします。

そんなわけで、「あれはひどいブン投げだ」という評については、「ブン投げの起源はEOEなんだから、それをなぞる貞本エヴァがブン投げになるのは、まあしゃーない」というのが落としどころかと思いました。マンガとしての「見せ方」の部分で工夫がないのは貞本氏自身の問題ですが。

と、以上「ブン投げ」の責任の所在についてでした。

貞本エヴァ最終巻:感想1 - Hoffnung

2014/12/09 (Tue) 23:04:17

えっと、まずは最終巻完結お目でとうございます。長年引っ張って、途中でモティベーションも低下して、それでも完結させるのは簡単なことではないと思います。プロだからちゃっちゃと仕上げて当然、という意見もあるでしょうが、プロなればこそ自分の仕事のクオリティが気になるということもあるでしょうし、私自身も、それじゃあ本業のほうで「海軍五省」にも似た問いかけにすべて「然り」と答えてのける自信があるかというと、正直ありゃしません。最後のほうは「苦行」だったかもなあ、と思います。苦行に耐えるのもプロのうち、何はともあれ、完結までこぎつけたことには敬意を表する次第であります。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2014/12/09 (Tue) 11:42:29

見直したらこのスレッド、年頭の挨拶から何も書いてなかったのか(苦笑

「12月作戦」とか、どこの艦これだよって話ですが、お預かりした二次創作の公開も含め、もともとのエヴァ世界の始まりとなる「2015年」に向けて、綾波展としての生存証明をちょびっとだけしていきたいと思います。どうかよしなに。

年頭のご挨拶 - Hoffnung

2014/01/04 (Sat) 19:53:13

あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いいたします。

綾波展は、私がスタッフに参画してからもはや足掛け10年、今年はおそらく2015年公開と思われる(勝手に憶測してるだけですが)新劇場版エヴァの情報も出始めるかもしれません。

そうそう、新規投稿お待ちしております。そしてスタッフも何かネタを提供できるよう、努力する所存です。今宵は満月ならぬ、冴え冴えとした三日月です。これより満ちゆく気運と見立て、皆様のご健勝・ご発展を心から願っておりまする。

☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2013/12/31 (Tue) 23:29:11

今年はあまり動きのなかったエヴァ周り、および綾波展でしたが、来年は新劇場版についての動きも出てくるかもしれません。てきとうに選んだ今年のニュースとしては...(順不同)

☆庵野監督、声優デビュー(しかも主役)
☆エヴァと日本刀展開催
☆綾波展管理人、艦これにハマる
☆提督修行のかいあって、ヤマトクルーになったり
☆貞本版エヴァ完結、コミックは新年の話題
☆今年もTVアニメは豊作

ってところかな。

それでは、今年一年、ご愛顧ありがとうございました。そして、来年もどうかどうか、皆様にとってよい年でありますように。

新月の大つごもりに。

iTunesストアで - Hoffnung

2013/09/04 (Wed) 20:27:48

このサイトの「外部接合点>装備品置場」で紹介している畑亜貴さんのアルバム、「世界なんて終わりなさい」と「棺桶島」、どっちもiTunesストアで手に入ることに気づいた。サンプルも聴けるし、一曲単位でも買えるから、題名に惹かれた方はどうぞ。

今日は仕事で使うアプリを買うつもりでログインしたけど、ついつい魔がさしてあれこれ検索したせいで「わたモテ」のOPとEDを購入してしもうた。OPはフルバージョンだとサビのリフレインがあるので嬢メタル好きにはよいかも。EDはもう...畑さんの才能またまた大爆発です。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2013/08/23 (Fri) 13:49:34

何気なく「今日読んだエヴァ小説〜」なるスレを見たら、拙作が言及されていてびっくり。「続きはよ」とか、かなりじーんときたです。ここのBBSでも励ましはいただくけど、匿名サイトで「名無しが死んでも代わりはいるもの」さんに言われるとひとしお。

お盆休みに書きためたぶんを微調整してました。「サードインパクト」の発動条件とか、カヲルの出処進退とか、どうしようと思ってたけど、「Q」がアレだし、貞本版もアレみたいなんで、これは「虹創作はもうガンガンやりたいようにやっちゃっていいっすよ」というメッセージと見なしてよいなw

もひとつ:興福寺仏頭展 - Hoffnung

2013/07/25 (Thu) 10:51:50

http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2013/kouhukuji/kouhukuji_ja.htm

モロにウルトラマンです。これは9月〜11月ですね。

<遊ぶ>シュルレアリスム - Hoffnung

2013/07/25 (Thu) 10:47:03

http://www.sompo-japan.co.jp/museum/exevit/index_shuru.html

新宿にて、8月25日まで。以前にも別のシュール展について紹介したこともあるような。見ようによっては(妄想しだいで)特撮の造型や映像とリンクしそうです。出品点数がかなり多いもよう。

ワークショップコーナー「あなたもシュルレアリスト!」なんてのも面白そう。

仕事がてらじゃなく、まるまる休みのとれる日に観にいって、ついでにいろんなお店めぐりでもできるとよいな。

石巻にて1 - Hoffnung

2013/04/01 (Mon) 22:55:05

ちょっと前になりますが、行ってきました。写真は1レスにつき1枚かな?

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2013/03/11 (Mon) 20:03:36

納谷氏とほぼ同じくして山口昌男氏の訃報を知った。肩書きを見て、「文化人・類学者」と分析してしまった私の目がヘンなのか、このお方の仕事ぶりがそう思わせるのか。一度くらい大学ですれ違ったかもしれない。冥福を祈られても何とも思わないんじゃないかという人に思えるし−−サヨナラダケガ人類ダ

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2013/03/04 (Mon) 12:37:05

>やるやる詐欺だったけどこっちも画像用意はしてたんだが、どうする? そっちの使う?

どぞどぞ。こちらは感想文みたいなのしか思いつかないので。心温まる映像を期待してます。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 横着星

2013/03/03 (Sun) 21:11:35

やるやる詐欺だったけどこっちも画像用意はしてたんだが、どうする? そっちの使う? 

近づいてきました - Hoffnung

2013/03/03 (Sun) 00:12:35

3月11日が。
「決して忘れない」という気持ちは重要だけど、「記念」というコトバもそぐわない。短いFFでも出せるといいけど、エヴァにからめたネタも思いつかないし、うーむ。

少し前に仙台と石巻に行ってきたんで、トップ画面をいじるくらいはしようと思います。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2013/01/31 (Thu) 01:08:01

「甘き死」つながりで、ついでに"Tumbling down"を検索したら、Steve Harleyのライブ映像がけっこう出てきたんでびっくり。日本ではあんま知られてないけど、イギリス本国ではしっかり現役なのね。吟遊詩人という言葉がぴったりの人です。これはPsychomodoというアルバム(日本名「さかしま」)の掉尾を飾る曲。

訛のある英語なので(なんせ、バンド名がCockney Rebelですから)、歌詞は聞き取りにくいけど、曲は素晴らしい。ずるりずるりと、奈落の底に堕ちていけます。ちなみに、同じアルバムの"Cavaliers"という曲も同じくらい好き。ぐだーっと酩酊できる鬱っぷりがもう最高。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2013/01/31 (Thu) 00:37:00

"Knocking on heaven's door"(旧TVシリーズ24話)
ディランの曲だと思うけど、ようつべで上がってるブライアン・フェリーのカバーがEOEの"Komm, suesser Tod"とちょい雰囲気が似ていて面白い。そういや昔から"Let it be"だの"Hey Jude"だのを連想すると言われていたなー。

ごあいさつ - Hoffnung

2013/01/04 (Fri) 20:53:23

何はともあれ、あけましておめでとうございます。
さすがに今年中に新劇場版エヴァの続きは見られないでしょうが、「Q」のディスク発売は確実でしょうし、話題の劇場アニメもあれこれありますし、話題をつないでいきましょう。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2012/12/31 (Mon) 21:09:56

今年お世話になりました。
final impact起こらなければ
来年がよい年でありますように。

それでは皆様よいお年を - Hoffnung

2012/12/30 (Sun) 12:01:42

というわけで、今年もお世話になりました。特撮博物館あり、「Q」の公開ありで、後半は盛り上がった一年だったと思います。「Q」についてはBBSで考察や感想を書いていただき、ファンサイトを続けてよかったと感じました。

これであとは新規投稿をいただければ万々歳ですが、それは来たる年の楽しみにということで。いや、私もときどきメモ書きはしてるのですが(本当だってw)、なかなかまとめるのは大変です。1つのサイトが何かをリードするのはもう現実的ではないけど、連合してコンペみたいなことがまたやれるといいですね。

来る年が、幸い多い年でありますよう。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2012/12/22 (Sat) 01:25:37

うー。カゼかも。喉痛い。熱っぽい。
2日続けて午前様はあかんかったか。レスしようと思ったけど、今日は落ちます。

いい話よのー - Hoffnung

2012/12/18 (Tue) 21:58:31

http://www.excite.co.jp/News/reviewmusic/20121218/E1355761977050.html

>>今だから話せる「ガンダム」「ダンバイン」「パトレイバー」生みの親たちのメカデザイナーズサミットレポ<<

行きたかったのにぃ...土曜に都内出張が...(涙

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2012/11/24 (Sat) 17:19:07

ようつべにて。

【みくれれ】スナフキンの歌

出来が良いのでチェック。エヴァQとは関係ないけど。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2012/11/22 (Thu) 00:16:16

思うに、二次創作のほうは、Qが明後日の方向に飛んでいってしまったんで、旧作準拠の「ほのぼの」路線は、落差が激しいぶん(別物と割り切ることもできるんで)かえって書きやすくなったかもしれない。

「破」のときは、これであらゆるLRSものが過去のものになってしまった、などという意見もあったけど、二次創作がこれからも出る素地は残りましたね。もっとも、ファンフィクション小説を書いて個人ホームページで公開して、そこに感想をメールで送ったり、なんていう「文化」そのものが消えつつあるわけですが。まあ、それでも気が向いたらここで出していきますけど。

近況つーか - Hoffnung

2012/11/09 (Fri) 00:03:28

この週末はべったり出張でつぶれるわ、例によって通常業務もヨタってるわで、変な脳内汁が出ています。

でもって「Q」の公開間近だわ、おまけにこの秋は話題のアニメがたくさんあるわで、あーらびっくり。

超ひさびさにFFのアイデアが浮かんだ。いや、Frame by Frameじゃないんですけど(苦笑)。短編読み切りとはいえ、かっけるっかな?おまけに、Hoffnung初のクロスものだったりして。主人公は二人。一人はもちろんレイ、そしてもう一人は別世界から来たクールな少女です。

綾波丼、あります - Hoffnung

2012/08/20 (Mon) 21:20:33

...って見えてしまった、あなた。週末は房総へGO!

5人の嫁とか - Hoffnung

2012/07/16 (Mon) 11:28:13

http://moneyland.time.com/2012/07/09/whats-with-all-the-offensive-alcohol-names/?iid=obinsite

「ヤバイ酒のネーミング」を集めた記事ですね。「5人の嫁」という名前のウオッカね。フェミニストが怒るのかと思ったら、他にもいろいろ怒る人がいてるようです。でも、まどかを始め5人の魔法少女を並べたら売れそう。なぜか製造元はユタ州って...ちょっと笑える。

他にも「怒濤のビッチ」とか「ゴーマンDQN」とか「総統カバルネ」とか(意訳こみだが)、シャレじゃすまないブランドが紹介されています。特に「総統カバルネ」は、イタリア産だそうだがそのままドイツに持ち込んだら捕まるわ。

http://www.inostalgici.it/

いや、すんません、いろいろ詰んでて連休なのにこんなネタふりしかできないで。ぺこぺこ。あーでもゴーマンDQNビール飲みてー。元気になったらアレを置いてある本郷の店に出撃しよう。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 横着星

2012/06/09 (Sat) 08:11:50

「天地明察」には私の部署がちょこっと名が出るけど個人名は流石にでないなあ、WIKIにも乗らん(苦笑)。
でも一杯人が入ると私にも少しボーナスが出るので(ヤマトやパンツには絶対勝てないと思うが)一回位は見に行ってね^^

そういえば書いてなかった - Hoffnung

2012/06/08 (Fri) 21:41:50

なんかここんとこ色々とダウナーな日々なんで、おのれを鼓舞する意味もこめて、はしゃいでみようかと。

個人的にはとても盛り上がる話です。
出渕裕・総監督の「宇宙戦艦ヤマト2199」。

ちょっとだけお手伝いしてます。4月に第1話と第2話が公開上映されました。第2話のスタッフロールの最後のほうに出てくるのです。

Hoffnung

の名前が。劇場で見たときは、ピーンと張り切った背筋にタラーリと汗が滴り落ちました。感動の雫でもあり、これからもしっかりやらねばという緊張の汗でもあり。

Wikiの作品の項目にも名前が出ていて、おーついに私もwikiにエントリーかよ、と目を丸くしたのでした。

オフ会やmixiではヲタ友達に話をして盛り上がっていたのですけど、綾波展では4月に書くのを忘れて今日に至っておりました。

6月30日から第二弾公開ですね。オールドファンも新規の方も、みんなで劇場にGO!

七つ目小僧 - 横着星

2011/10/25 (Tue) 00:27:59

とかって平賀源内が主役の作品も書いてましたなあ、石ノ森さんは。
こっちも20年以上前の作品なんだけど無償に読みたくなってきてしまった^^

天下御免その後 - Hoffnung

2011/10/24 (Mon) 22:51:18

というわけで、第1巻を読み始めた。
面白い!ほんと、面白い!

本屋では第1巻しか買わなかったので、速攻で2−3巻も注文。もう第1話から百姓一揆や米騒動が出てきて、あの熱い雰囲気が伝わってきます。

ストリーテリングもすばらしい。場面転換、フラッシュバック、ナレーションの切り替えが自由自在で、もちろん真似なんかできるわけないのだけど、じっくり分析的に読み直したら、書き手としての鍛錬にもなるよなーと思ったり。

2−3巻がアマゾンから来るのが楽しみです。

船出の歌 - 横着星

2011/10/23 (Sun) 00:12:27

http://www.youtube.com/watch?v=UpWWpHWptx0

>「天下御免」なんかは「見せてくんなきゃもう受信料払わん」
 見てたのはホント何も解らない子供だったけど
 「物凄く面白い」
 のだけは理解出来、学部生だった頃見てたメンツが集まって記憶統合編成して感動しまくったのは良い想い出^^。
でも
「本当に素晴らしい物」
は理解出来る出来ない・知識の有無を超越し
「凄い!」
って事を
「時を超えて感じさせる」
って事を立証した作品であることは確か。

・・・だってなあ、小学生低学年の餓鬼に民族問題ネタで
(アイヌ独立闘争ネタが有って、その中のラスト近くで源内がアイヌのリーダー(シャクシャインの末裔)に
 「お前らは鉄砲が無いから負けたのではない! 豊かさで幕府に負けたんだ!」
  (=争う事を考えるのでなく皆で豊かになる事を考えよう!))
 と叫ぶシーンが凄く印象に残ってる)
凄まじい印象を残こすってのは尋常じゃない。
あとどう考えても(皆の意見が一致した)天皇制批判してるとしか思えない話とかも有ったし(製作者サイドにも安保闘争の残照があったのかも^^)、今のNHKからは想像も出来ない作品だったのも確かやね。

しかしガチに天下御免は買って読もう。

ひさびさの都心 - Hoffnung

2011/10/22 (Sat) 21:58:16

いや、まあ、都心にもいつも出てはいるのですけど、ぶらぶらする時間がひさびさにあったもんで、本屋へ。

本日の獲物はといえば。
田中啓文 「忘却の船に流れは光」
飛浩隆 「グラン・ヴァカンス」
同じく 「ラギッド・ガール」
早坂暁 「天下御免」第1巻
「日本語で引ける 英語表現使い分け辞典」

しかし、わが国の国営放送は白黒時代はおろか、1980年代の番組すら保存してないもんで、「天下御免」なんかは「見せてくんなきゃもう受信料払わん」と言いたい番組の筆頭です。だから、早坂氏の脚本を読んで脳内再生するしかないのだよなー。

いちおう、アマゾンのリンクはこちら。

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E5%BE%A1%E5%85%8D%E3%80%881%E3%80%89-%E6%97%A9%E5%9D%82%E6%9A%81%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E6%97%A9%E5%9D%82-%E6%9A%81/dp/4585011862/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1319288190&sr=1-1

林檎かわいや2 - Hoffnung

2011/10/08 (Sat) 23:48:59

かなり久しぶりに引っ張り出した。ジョブスへの墓標みたいなもんか。

自分にとって最初の林檎くん。Macintosh SEです。
じっさい、プロセッサは本体68000なんだが、68030をオーバードライブして、メモリは4MBだったかな。ハードディスクは最初のが壊れたんで120MBに換装。そんなわけでかなりサイボーグです。

さっき、2-3年ぶりくらいで立ち上げてみたら、通電はしたけどたぶんハードディスクが逝ってるせいか、起動はせなんだ。ま、前世紀の遺物としてはなかなかのものだから、捨てるつもりはないけどね。電源ユニットとか、モニタは生きてるはずだから、オークションに出せばパーツ欲しさにジャンク屋さんが買ってくれるかも。

そういえば、どこかのお店で、この手の初期一体型Macのケースをレジそばにおいてあって、お客さんが名刺やお店の感想を入れられるようにしてあったのを見たことがあります。そういう遊びに向いてるデザインでもあるかと。

ちなみに重さは約9kg。これをキーボードやマウスと一緒に入れて運べる専用ケースがあって、それも持ってるわ。それ持って太平洋を2往復半くらいした。ちょうど飛行機のキャビンや座席下に入るように設計してたんじゃなかったかな?画面も、A4用紙(のマージンを除いた)幅がジャストで表示できるサイズとして設計されていたはず。同じころのDOSマシンは、カクカクブツブツの汚いフォントで(あ、今もか...)、何度か試し刷りしないと印刷イメージがつかめなかった。まあ、ベタ打ちのテキスト入力専用マシンとして並行して使ってましたけど。

今世紀になってOS Xが完全にとってかわるまでは、HyperCardもよく使ってた。最初、あれで使い方のツアーみたいのが組まれてて、今にして思えば、あのときマルチメディアやハイパーテキストの原型を見ていたのだなと。何時間いじっていても飽きないソフトだった。ひょっとすると、パソコン界で最も素晴らしいソフトかもしれない。今は日曜プログラマですらありませんが(苦笑

まだまだ続く。かもしれない。

林檎かわいや1 - Hoffnung

2011/10/07 (Fri) 17:57:27

じーさんの語りが始まるぞ(爆
学生のころ、シリコンバレーに観光(?)だかで行ったことがあって、そのときにアップルでプロモーションビデオみたいのを見せられた。Knowledge navigationというテーマだった。今でもようつべでこのキーワードを入れると画像が出てくるが、昔見たのとはちょっと違うような。

えっと、昭和の最後のころです。すごい昔です。Windowsまだありません(あったかもしれないけど、まだみんなDOSばっか使ってた)。今みたいなインターネットもちろんありません。unix端末でメールやニュースグループはあった。林檎くんはSE/30が出るか出ないか。9インチ白黒画面でメモリは1MGとか(GBじゃないんだって)。内蔵ハードディスクが40MBとか(だからGBじゃないって)。

そんなとき、クパティーノで見せられた「未来予測」っぽいビデオは、まさに今のiPadをホーフツとさせるものだったわけですわ。キーボードなしのフルカラーパネル(当時はそんなものはなかった)。定時にメールを読み上げて、スケジュール管理、音声コマンドで「ネット」(当時は世界のデータベースをつないだウェブなどない)から情報を集めてその日の仕事に役立てる。気がつけば家族からビデオメッセージ(当時はそんなものはない)。端末本体はもちろん、スタンドアロンのワイヤレス。まあ、昔のSFで描かれたような想像上の「情報端末」ですわな。見ていたこっちとしては、そりゃSFだよな、と思って、できればすてきだけどそりゃ無理だろ、と思っていたわけです。

それが、20年たって実現したのは、今にして思えば驚異です。まあ、音声認識よりもタッチパネルが主になったのは予想外でしたが。

「ジョブズ以降」が今は世間の思惑の的ですが、SFに限らずとも、「想像上の情報デバイス」を何通りもの分岐した時間線の上に思い描くことは誰もがしているわけだし、林檎もそれなりのビジョンはあるでしょう。あとは、そのビジョンがどれだけ面白いか、強引にいろんなものをねじ曲げてでもそのビジョンに向けて吶喊できるか、かしらんと。

まだ続くぞ(<じーさんはしつこい@ちびレイ)

今日は存外に暑いな - Hoffnung

2011/08/09 (Tue) 17:55:42

しかしダレる余裕すらなく。超押し押しの校正作業は続く。辺鄙なところに住んでると、宅配や郵便の集配締め切りが早いから、また明日は編集さんに直接持ち込みコースか...

笑ったのが下の記事。これで訴訟になるなら、私だっていろんな輩を訴えたりできるかも。

http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/262/76047d774e2f49639e95d018ca111113.html

ま、こういう場所でいろんなネタ振りしてるし、訴えられるケースのほうが多いかもだが(w

時代劇チャンネル - Hoffnung

2011/08/09 (Tue) 02:59:16

ソース失念なれど、ちょっと前にケーブルやら衛星やら、多チャンネル化しているところで視聴率調査をやったら、トップが時代劇チャンネルだったので業界が慌てたとかなんとか。今どきのコンテンツを推してたつもりが、けっきょくテレビを安定して見ているのはお年寄りってことかしらんと。

んで、私も見てます。お年寄りです。日付がかわってから、「新・木枯し紋次郎」、「新・必殺仕置人」、「風」とまあ昭和の名作ぞろいです。「風」は白黒ですね。私もさすがに本放送は知らない。しかし、今日の放映回なんて、音楽・冬木透、脚本・佐々木守、監督・実相寺昭雄という、それだけ見たらウルトラセブンじゃん!というノリでした。カメラワークが思いっきり実相寺でしたわ。ムラマツキャップも出ているから、ほんとウルトラな世界です。

んじゃ、仕事するか。

邪悪な魔術師トップテン - Hoffnung

2011/07/15 (Fri) 21:58:41

ボンヤリと英語ソースのニュースを見ていたら、昨日のTimeに"Top 10 evil sorcerers"なんつー記事があった。ハリポタ映画にかけて書いたヨタ記事みたいなもんか。

んで、上からの順位。正確な発音がわからんのもあるんで、原綴りのママ。

Sauron -- 指輪ですね
The Emperor -- いきなりスターウォーズかい
The KKK's Grand Wizard -- これは実在じゃないか
Baba Yaga -- これはロシア。ムソルグスキーを連想
Voldemort -- ハリポタはこっち
Wicked Witch of the West -- オズの魔法使いね
Ravana -- ヒンズー教だっけか
Morgan le Fay -- アーサー王伝説の魔女・悪女
Circe -- キルケー
Gargamel -- ギャグ系のアメコミだそうで

まあ、KKKが出るあたり、アメリカさんだわな。リアル魔術師なら、ラスプーチンなんぞもありかもね。しかし、ハリポタを5位、指輪を1位というのは、なんとかかんとかTime誌の見識を感じたような。

まだ喉がぜーはーいっているけど、あと1−2日で復調かな。

たまっちまった雑用に 今日も熱暑の降りかかる
たまっちまった雑用に 今日も風さえ30度越え

数日でいいから、天罰が当たるくらいグダグダしてー...とほほ。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 横着星

2011/06/18 (Sat) 21:41:55

お大事に。
私も腹風邪ひいて今週はトイレと御友達状態だったよ(;>_<;)。
ホント歳はとりたくない(´;ω;`)。

Re: ☆ 管理人の独り言 - Hoffnung

2011/06/18 (Sat) 12:27:45

風邪をまたひいた。
咳がひどくて、熱もいつまでたっても下がらない。仕事もさすがに週の後半は休んだんだが(ご近所のペットパトロール隊もバックレ)。

医者に診てもらったら、肺炎ですと。片肺の1/3くらいだから、即入院ではないけれど、生まれて初めて点滴というものをしたよ。

というわけで、また落ちます。外を歩いていても、悪い咳の出る風邪にかかっている人が多いらしいんで、みなさまもご注意ください。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 横着星

2011/06/01 (Wed) 22:55:00

>やれるはずのこと、やって当然のことをやらない面々には、マジ憤怒してるぞ。
>とにかく、人間を守れ。全てはそれからだ。
 「神保町の中心で「馬鹿なの?死ぬの?」と叫んだヲヤジ達」
 でしたなあ(苦笑)。
 今日も、貧乏学者が金策に走り回ってるのに、金のある政治家さん達は政争に走り回ってる様をニュースで聞いてなんだかなーと思ってしまったよ┐(´ー`)┌。

これがそれです - Hoffnung

2011/05/22 (Sun) 18:40:42

Tsunamiと称する、海外サイト。トップはフランス語だけど、読めませんすいません。日本語や英語のページも用意されているんで、そちらを見れば主旨がわかります。

まあ、励ましになっとるんか?という絵もあれば、中国と日本の区別がついてないんじゃないかという絵もあるけど、見応えはあります。ストレートな励ましよりは、それぞれに「日本を思う」というモチーフと見たほうがいいでしょうね。

http://cfsl.net/tsunami/?p=1770

んで、リンクしたのは某日、脂狸どのと話したときに話題に出た、「被災地の仮面ライダー」のイラストです。作者さんは姓がHuangだから、黄さんになるのかな?Jiaweiはわかりません。旧1号ライダーがかかえている子供が、背番号1の野球ユニフォームだから、王さんへのオマージュもあるかな、だとしたら台湾出身の方かな、などと思ったり。

綾波展の性格上、現実の政治に向けたことはあまり書かないのだけど、やれるはずのこと、やって当然のことをやらない面々には、マジ憤怒してるぞ。とにかく、人間を守れ。全てはそれからだ。

土下座でナイト - Hoffnung

2011/05/15 (Sun) 22:29:53

連休中、ほぼ唯一のお楽しみイベントがこれ。三越でやっていた仮面ライダー展ですね。等身大フィギュア(というかマネキンというべきか)が昭和・平成両世代にわたって並んでいて、これは撮影自由だったんで、みな思い思いのライダーと一緒に写真をとっていました。私は一人だったから、まさかオサーンがケータイ片手に自分を写メ撮りとか、キモイよなーと思って、さりげなく鑑賞するだけでしたけど(苦笑

個人的には、もとの役者さんやスーツアクターさんの体型を反映させたリアル1/1フィギュアが見たいけど、制作するほうは大変かな?新堀氏や中屋敷氏はあの年代にはめずらしく足が長く身長も180くらいだから(同じことは初代ウルトラマンにもいえるが)、リアル1/1ができたらすごくカッコ良さそう。

写真撮影禁止だったのが、石ノ森先生直筆の(つか、つい「石森」と言ってしまう世代なんですけどね、私は)雑誌連載「仮面ライダー」初回分や、各種のラフスケッチ、それから、これはなかなかないだろうという、約40人におよぶ有名漫画家による仮面ライダーオマージュの色紙。直系の弟子の石ノ森なりきりの絵から、やなせたかし氏のような長老の絵、原哲夫氏や細野不二彦氏のような庵野世代の絵、いろいろでした。里中満智子氏や志賀公江氏のような、ベテラン少女マンガ家の色紙もあって、石ノ森先生の人徳を感じました。ほーと思ったのは一峰大二氏で、ライダーと並んでいるヒーロー、だれだっけ、と思ったら一峰氏が生み出した「電人アロー」。このお方はウルトラマンのコミカライズも手がけていて、古い世代の中では、桑田次郎氏ほどではないけど、シャープな描線が特徴的ですね。今見ても意外と古びた感じがしない。

しかし、今回の目玉は何といっても、石ノ森先生の直筆を見られたことでしょう。

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

不肖私め、とある昔日に、「石森は絵はあまり上手くないよな」などと、万死に値することをこぼしてしまったことがありまして。先生がありえないくらいの量産体制をしていたときは、確かに作画の乱れもあったりしたので、生意気ざかりのガキとしてはそんなことを言いたくなるもんだったんです。もちろんその後、そんなことはないと認識を新たにはしていたのですが、今回初めて手書き原稿を見て、どんだけ土下座しても足りないくらいの気持ちになりましたわ。紙質の悪い雑誌はもちろん、コミックスで本になっても、描線がくっきり出ないことはあるわけですが、生原稿を見れば画力のすごさは一目瞭然、さらにたぶん1分もかからずに描いたであろうラフスケッチも、いいよなーと嘆息するレベル。ライダー展から帰って来た晩は、ほんと、おのれに鞭打ちナイトでありました。

そういえば、石巻の石ノ森萬画館、震災でも建物はだいじょうぶだったらしいですが、館内は浸水して大変だったようですね。また営業開始したんでしたっけ?と思って調べたら、通常営業はまだまだ先のようですね。

http://www.man-bow.com/manga/

まだ行ったことがないんで、また開館されたら初遠征しよう。

青春ラジメニア - Hoffnung

2011/05/13 (Fri) 20:35:21

http://www.amazon.co.jp/青春ラジメニア-20周年記念アルバム-アニソン玉手箱%7Eひねくれの逆襲%7E-アニメ主題歌/dp/B001PM0BZ6/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1305284353&sr=8-1

読みたい、聞きたい、と思っても入手のしかたが分からずじまいだったことが、ネットのおかげでわかることが多い、なんてことを何度か書いているが、今回もその1つ。大昔のNHK人形劇「三国志」のエンディングテーマが印象に残る曲だったのさ。細野晴臣の曲で、巧みなボーカルというわけではないけど、妙に耳に残る。しかし音源出てるのかなあ、などと思っていたところ、たまたまCDがあることを知った。ようつべのコメントだったかな?

んで、さっそくアマゾンで発注。いやー、企画そのものがマニアックだわ。私の知らない曲も多い。ほらほら、ね?私ってそんな濃くないでしょ?009(昭和カラー版@サンライズ)のテーマソングも入っていて、ヘビーローテーションで聞いてます。「誰がために」はいつ聞いても名曲だ。そして「三国志」。シンプルなはずなのだが、味があるねえ。

けっこうツボにはまったのが、「猫目小僧」。アニメ化されてたのか。知らなかったなー(<棒読みじゃないよん)。堀江姐さんのボーカルが表情豊かで素晴らしい。元のマンガは読んでたと思うけど、「猫目パンチ」とか「猫目ジャンプ」とか、あったっけ?つか、猫だもんな。パンチとかジャンプとか、弱そう(笑

あと、オープニングのオリジナル曲も涙もんです。子門真人氏です。作曲が菊池俊輔氏だから、仮面ライダーシリーズの黄金コンビですね。子門氏は活動はほとんどしていないと思っていたら、このような形で音源に接することができて嬉しかったです。たいやきくんの一件があるけど、このCDの印税は子門氏にもまわるのだろうか。いや、まわってほしい。

そりゃそうと、前のエントリーでちょこっと書いた、タンギーの画集、アマゾンやオークションサイトで見ると、ないわけではないんだが、開いた口の塞がらない値段だったり、ポチっとしたくなるのはなかなかありませんでした。しかし、ドイツのアマゾンを見たら、シュトゥットガルトでやった展覧会のカタログがあったー!手の出る値段だったんで、ポチっとな。まあ、送料が価格の4割くらいだったですが(それだけ本体が安いということでもあるしね)。連休も終わり、次の祝日は海の日か〜、とうらめしげにカレンダーを見る今日このごろ、届くのが心待ちです。

シュール展 - Hoffnung

2011/05/09 (Mon) 22:28:06

当初は昨日だか今日だかで終わりだったそうですが、震災で人の動きが止まった時期があったので、15日まで延長とのこと。

絵に、というかマンガとは別に美術品としての絵に興味をもって、展覧会にわざわざ行こうとした最初のきっかけが、シュールだったなぁ。キリコ展をどこかでやっていて、そのポスターに惚れぼれしたのだった。あいにくそのときのキリコ展は行けなかったのだが、その少し後にどこかのデパートでやったシュール展に行って、なけなしの小遣いでカタログも買った。それ以後、何となくいろんな時代の絵画も見るようになったが、シュールは原点です。

年をとってから、昔のウルトラマンなどについてのノンフィクションものをさがして読むのだが、ウルトラマンのあの菩薩像の造形のヒントのひとつが、キリコだったとかいうのを最近知って、なーんだ、けっきょくみんなつながってんじゃん、と苦笑いであります。

今回も何点かキリコがありました。シンプルではあるけれど、ダリなどに比べると「涼しげな狂気」を感じるところがいい。

ちなみに、大昔に魅せられた作品がこれ。確かにウルトラマンに通じるところがある。


http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/works/119/

わが不明ながら、国内所蔵(ブリジストン美術館)とはね。常設展示はされてないようだが、また見てみたいものよ。

ちなみにアップした写真の中の絵はタンギーという人のもの。すごく好きなのだけど、画集はちょっと調べた限りでは出てないようす。お手頃なのがあればほしいものだ。

通常モード - Hoffnung

2011/03/16 (Wed) 22:46:39

に戻るのは当分ないだろうけど、やせ我慢で書きますね。

少し前、「昭和歌謡」のネタを紹介しましたが、その時名前だけ出してリンクしなかったのを1つ。

☆落陽 吉田拓郎(Live '73)
http://www.youtube.com/watch?v=34-GwKl5JwU

リアル厨房のころ、「キャンプファイアー」wで歌ったわ。

それから、昨年紹介した「仮面ライダーSpirits」の第弐局スレで泣けるコメントを。

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/comic/1295744666/l50

>仮面ライダーシリーズのスタッフ達を描いたマンガがあったじゃん
>あれで戦後の焼け野原に求めていたヒーローとして仮面ライダーの姿が出て
>「俺はそんなヒーローが欲しかったんだ」とかって泣いてるシーンあったじゃん
>急にそれを思い出してなんか少し泣けた

>そうなんだよな、今こそ心の中の仮面ライダーに助けてもらうときなんだ
>というわけで中年ライダー隊の一員として、日本経済の端っこを支えてくるわ
>無事な俺らが右往左往してどうするっつう。少なくとも、働けるやつは自分の持ち場を守れ

春は別れの季節なり - Hoffnung

2011/03/10 (Thu) 23:49:20

石丸全部が消えるわけじゃないけど、ここもけっこう行ったし、寂しいのは確か。

まあ、アキバがオタクカルチャーの街になるずっと前から、オーディオ機器の情報集めに徘徊して(今でいう知ったかぶりのカタログ厨ってやつw)、石丸とかラオックスとか、よく行ったわ。専門店のショールームのほうが濃いんだけど、石丸とか色々な製品が並んでて楽しかったのよ。

ちなみに横浜のアリック日進も、オーディオに詳しい方が多くて、いやがらずに試聴させてくれたなあ。最後の代のカセットデッキ(モーターの信頼度が高いだろと思ってティアック製)は日進で買った。それも今はなく。

実際は、いい年こいても金もない、そもそも大きい音の出せる部屋もないで、けっきょくiPodだったりするんですけどね。

昨日はお茶の水まで出たのだけれど、アキバに行く余裕はなく。週末にでもお別れをしに行こうか。

ちなみにプログレとは - Hoffnung

2011/03/10 (Thu) 15:46:10

http://sound.jp/winter/music/essays/progre.html

ワロタ。アニメも小説も、「マニアの受難」でなく「マニアによる受難」はどこも同じだ。

創世記は遠く - Hoffnung

2011/03/09 (Wed) 23:04:36

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110309/Kyodo_OT_MN2011030901000028.html

「人気歌手」という表現にすっごい違和感をおぼえるのは私だけ?ジェネシスといえば伝説のプログレバンド、その前期ボーカルはピーター・ガブリエル。フィル・コリンズは英国のロックシーンでは有数のテクニカル・ドラマーという認識なのだけれど。

ただまあ、ジェネシスが広く知られたのは、ガブリエル脱退後のプログレ色がうすくなってからだし、その時のボーカルがフィルだったのは確かではある。ソングライターとしても、1990年代は向かうところ敵なし状態だったわな。

こないだCDでそろえ直した「幻惑のスーパーライブ」、スリリングなツインドラムがめっちゃよかった。まだ老け込む年じゃないけど、充実した第二のキャリアを(ドラマーからボーカルへの転身を考えれば第三か?)送ってください。

Re: ☆ 管理人の独り言 - 大気不安定

2011/02/26 (Sat) 22:17:01

>翼をください
竹田の子守歌 … 守もいーやがるぅ、盆からさきーにゃ…
風は旅人 … さびしい朝は海に出て夜明けの風を探そう…
忘れていた朝 … 忘れた朝をふたりここで見つけたよ…

>あの素晴らしい愛をもう一度
テレビ版「6番目の小夜子」のなかで歌われていた。

>風 
人は誰もただひとり旅に出て
花嫁は夜汽車に乗って嫁いでゆくの

> たどりついたらいつも雨ふり モップス
この歌よくおぼえていません。
ヒロミツ氏はおぼえています。いつまでもあるとおもうなヒロミツ氏。

>出発の歌
どこかで誰かがきっと待っていてくれる、というのもあったな。今は知る人もなき紋次郎。雲はやけ道はかわき日はいつまでも沈まない心は昔死んだ。

>夜間飛行
この歌もよくおぼえていません。
 >「喝采」ですが(1972年でしたよね?)
 これはおぼえています。いつものように幕が開き恋の歌 歌う私に…

>真夜中のギター
町のどこかに寂しがり屋がひとり今にも泣きそうにギターを弾いている。愛woなくして何かを求めてさまよう似たものどうしなのね。

長文御免 天下御免

謎のお酒 - Hoffnung

2011/02/24 (Thu) 02:16:16

オフィスで誰のものともわからん(というか共有?)ギフトの包みがあった。何年も前にどこかからいただいて、忘れ去られていた酒のボトル。包装したままで、取引先からか身内の土産かすらもはや不明なのだった。それほど安いモノではないだろうし、ちょうどホームパーティーに呼ばれていたので「もらいものだけど」と断って持って行けばウケるかも、などと安直に考えていたのだった。まあ、いちおう処分自由ということで周りには了解を得てですね。

んで、いったん家に持ち帰って包装をはずした。ノシ紙もはずした。箱を開けて、中を見た。こ、これは...?!

日本酒っすか?(汗)こちらはてっきりウイスキーかブランデーだと思っていた。うーん、オフィスったって冬は暖房が吹き下ろしだし、夏は冷房入れても30度近いしなー...その状況で何年?たぶん5年くらい?てか、ラベルを見たら「特選 古酒」だって。ダメじゃん、それ(爆)。そんなデリケートな飲み物を何年も常温放置なんて。

まー、これじゃ人には飲ませられんわな。捨てるのももったいないんで、飲んでみた。通常の日本酒よりずっと色合いの深い液体がコクコクと猪口に満ちる。香り、良し。濃い香りだ。ぺろりと舐めてみる。あ、独特の臭みが。泡盛の古酒は何度も飲んだことがあるが、それっぽい?しかし、後口に微妙なえぐみが。高級な酒は飲んだ経験がないが、居酒屋で頼むような吟醸酒と比較すると、一言で言えば「ボディーが壊れた」感じかねー。

とまあ、猫に小判の巻でした。それ以前に泥棒猫かもしれんが。Easy come, easy go(得やすきものは失いやすし)てことでしょか。

翼をください  - 横着星

2011/02/18 (Fri) 22:31:57

12時間ばかり前に第三新東京市で聞いてきたわ^^。
つーわけで明日には帰ります。

昭和歌謡とか(長いぞ) - Hoffnung

2011/02/17 (Thu) 23:11:04

エヴァ「破」は昭和歌謡が絶妙に使われていて、感動したオサーン数知れず。というわけで、こないだ夜中に仕事から逃げて見ていたようつべからのセレクションです。ふだんはボーッと見るだけで、リンクを手元に残したりしないのだけれど、今回はこちらに。

庵野世代は「あー、それそれ」、若い世代は「けっこういいかも」、てぐあいに息抜きになればこれ幸いなりです。

☆翼をください 赤い鳥
http://www.youtube.com/watch?v=7in5rpYU584

赤い鳥後期のテイクだそうで。曲自体は短いバージョンかな?ロックしてます。ドラムスかっけー!と思ったら、村上Pontaさんでした。一打一打が「立って」るし、やっぱすごいわ、このお方。それにしても、メインボーカルの山本潤子さんが美人だ。特に横顔がうるわしいです。この曲が出た頃、この世には生まれていたが、色気づいてなかったんで、まさに中二くらいで画像を見たら一目惚れしてたかも。

☆あの素晴らしい愛をもう一度 フォーククルセイダーズ
http://www.youtube.com/watch?v=gY4G_G2pyRo

昭和歌謡とくれば、これが鉄板。加藤和彦さんも亡くなってしまったのね。「破」を元ネタにしたFFはあまり見ないけど、「破」の世界観+昭和歌謡で何か書くとすれば、この作品などは筆頭候補かと。例えば−−

秋の嵯峨野路、ハイキングをするユイと冬月。
不意に、ユイが口ずさむ。
  赤とんぼの歌を歌った空は−−(<なぜか2番から)
一面の紅葉。やがて訪れる夕暮れ。
  あの時ずっと夕焼けを追いかけていった二人の−−
欠けた心を一つに。すべての心をつなげる、そのための補完計画。
一年後、南半球全域は朱に染まった。

☆風 はしだのりひことシューベルツ
http://www.youtube.com/watch?v=4UaiSsD6ByM&feature=related

はしだのりひこつながりですね。当時どれだけ売れたかわかんないし(つかWikiを見たらこのグループでは「最大のヒット作品」とあるだけで、チャートアクションはわからん)、どれだけ人口に膾炙しているのかも知らないのだけど、なぜか好き。リアルタイムというよりは、どこかで何かのはずみで聞いたのだと思う。すごく耳に残ってるのよね。歌詞もほとんど憶えてなくて、たまたま音源に出会えて、ほーこんなこと言ってたのか、と感慨深いです。

☆たどりついたらいつも雨ふり モップス
http://www.youtube.com/watch?v=av6sP_7mhhI

ああ、ヒロミツ氏も今は亡く。ようつべの米に「しかし、こういうカッコ悪くてカッコいい曲って、今ぜんぜん聞かないね」てのがあって、思わずうなずきました。ヒロミツ氏はコメディっぽい性格俳優のイメージが強いのだが、ロッカーだったんだよな、というのを再認識する曲。作詞・作曲は拓郎です。拓郎といえば、「落陽」という曲がすごく好き。思いっきり昭和してます。なんか「アカギ」とか「金と銀」みたいな福本ワールドが目の前に浮かんでくるような。まあ、それほどつながりがあるわけじゃなくて、「みやげにもらったサイコロ二つ」のところがヒットするくらいなんですけど。

☆出発の歌 上條恒彦&六文銭
http://www.youtube.com/watch?v=UZiRcFX8ezU

去年だったか、ここの掲示板でも出ましたね。もう涙もんです。時代は連合赤軍、なんつーと一面的すぎますが、1970-1972年あたりが「昭和」の一つのピークだったんじゃなかろうかと思ったりします。TVドラマとかも勢いのある作品が多かったんじゃなかろか。ようつべには紅白の映像も上がっていて、でも残念ながら最初の1分だけです。たしかこの映像、後半で上條さんのサングラスが勢いあまって吹っ飛ぶんだよね。

☆夜間飛行 ちあきなおみ
http://www.youtube.com/watch?v=3S5eLP4YNM0

ちあきなおみといえば「喝采」ですが(1972年でしたよね?)、その1年後くらいに出たのが「夜間飛行」と。あまり知られてないけど文句なしの傑作です。昭和歌謡の良さがぎっしり詰まってます。短い中にストーリー性があるのよね。もちろん、ちあきなおみさんの歌唱力も圧倒的。かなりキーが低いので、男の私でも歌える(いや、酔っぱらって終電で帰って、バスがなくなって夜道を歩くときくらいしか歌いませんけど<十分怖いって)。ご夫君が亡くなってから完全に引退状態だそうですが、そのご夫君というのが仮面ライダーV3でキバ男爵を演じたお方ということを、この文章を書くのにWikiを見ていて知りました。けっこうびっくり。

☆真夜中のギター 千賀かほる
http://www.youtube.com/watch?v=6ZFgaXi-5vQ

最後はもう何も言いません。おやすみなさいです。

コーヒーふたたび - Hoffnung

2011/02/16 (Wed) 23:11:01

ピーツコーヒーです。いわゆるボールドタイプの、薫り高く苦みのあるしっかりした味ですね。アメリカ出張の人からのいただきもの。

ピーツはカリフォルニアのコーヒー豆のお店です。聞くところでは(仲間との立ち話で出たのでソース失念)、スターバックスはピーツにインスパイアされてできたんだとか。確かに、路線は近いものがある。スタバはよく行くんだけど、ピーツの劣化コピーという感じがしなくもない。というか、スタバの挽いてない豆を買ってきて、自分で挽いて入れるとなかなかうまいんで、要はいれかたの好みかな。

話を戻すと、ピーツは全米さらには世界に展開する選択をせず、「カリフォルニアはうちにまかせろ、世界はまかせた」みたいな戦略にしたとかなんとか...ちなみに「スターバックス」と「ピーツ」でググると、それっぽいエピソードがいくつか出たんであながちネタではないかなと。

しかし、残りも少なくなった。残念。これからいれるとしましょう。

一時浮上 - Hoffnung

2011/02/15 (Tue) 23:17:24

ここんとこ、ネタふりしてないので気が引けるんですが、今宵はこんなところで。

少し前、本屋さんで大人買いした。どれもまだ読んでないけど(というか、「第二次世界大戦の起源」を最初に読み始めたので、進まないこと...)、仕事関係じゃない本をまとめ買いするのはホント精神安定剤です。

ウルトラ関連では、実相寺氏の「怪獣な日々」と「ウルトラマンの東京」が共に同じく筑摩の文庫から出ていますね。文庫といっても昨今は消耗品だから(昔は「良書を永続的に供給」が本来の目的だったけどさ)、見たら即買いする習慣をつけないとねー。

レスはまた後ほど。

R.I.P Gary Moore - Hoffnung

2011/02/07 (Mon) 23:15:03

鬱でございます。
ロニー様が魔界に還ったときとはまた違うショック。こんなことなら、去年の来日公演に行っておくのだった。

どっぷりハマって音源をかたっぱしから揃えたというミュージシャンではなかったのだけど、持ってる少数の音源はみなヘビーローテーション。最強のロックギタリストでした。

ゲーリーさんはブルースに傾倒していた時期が長いんで、そっちのほうは私は薄いんだけど、ハードロックを弾いているときは、あーこういう音が好きなんだよ、というツボをおさえたギターのトーンとピッキングでした。ハードで重いだけじゃなく、繊細なのよね。

そういえば、故・本田美奈子の「愛の十字架」という曲がこの人の作曲だったんだよな。ゲーリーさん本人の歌唱のほうが好き。あの頃(バブル黎明期か?)はアイドル系歌手がLAレコーディングとか行って、単なる話題作りじゃね?なんて思ってると「ドラムス ジェフ・ポーカロ」なんて情報を小耳にはさんで卒倒しそうになったっけ。

たまーにカラオケに引っ張り出されたりすると、オレが歌うのって、物故者ばっかじゃん、とか思って苦笑しつつやさぐれたりするのだけど、また物故者のレパートリーが増えてしまった(哀

冬よのー。

コーヒーといえば - Hoffnung

2010/12/15 (Wed) 01:14:45

赤木博士?
声優の山口さんは特にコーヒー好きではないけど、ファンの思いこみでなんたらかんたら、なんて話をどこかのサイトで見た記憶があるんだが、ソース失念。ウィキにはとりあえずなかった。何かと取り違えて憶えてしまったかな?

それはさておき、私はコーヒーをよく飲む。でも大してこだわりがあるわけではなく、インスタントも自販機の缶コーヒーもOK。基本は豆をひいてドリップですけど。コーヒー好きを公言してるんでおみやげでもらうこともあったり。少し前にはハワイのコナとコロンビアを同時にもらって、適当にブレンドしながら飲んでます。

写真は手挽きのミルです。電動式のがあるんで、あまり使ってないのだけれど、インテリアとしてはなかなかいい。家の食器棚に入れておくと、隣の百均(笑)のお皿が高級そうに見えたりして。このあいだ、電動のが壊れたんで(やっぱ強い振動がかかるから、金属疲労みたいのがあるんでしょうね)、かなり久しぶりに手動のを使ってみました。そしたら電動の高速回転ブレードとちがって、文字通り「ミル」なんで歯車でゴリゴリすりつぶすと繊維が細かくほぐれるのか、ふだんより香りがイイ!まあ、安直にやっぱ手動が一番だよねーとか言うつもりはないが、たまにやってみると新鮮でした。手が疲れるんですけどね。

とまあ、しょうもないウンチク(とも言えないわな)でした。やれやれ。

SFマガジン50周年 - Hoffnung

2010/11/03 (Wed) 01:54:58

いま、「50執念」て変換されてワロタ。
SFは、遠くにありて思うもの、とはもはや覆しようもないのだが、そうはいっても、新しい驚きにはいつまでも出会いたい。今でもときどき「青背」をまとめ買いしたり。そんなハヤカワさん、記念ということで気合いの入ったアンソロジーを企画してくれました。

第1巻は宇宙テーマ。それも「宇宙開発」にしぼってます。だから、銀河連邦軍とかワープとかは出てこないけど、「こうあったかもしれない」、われわれの現在と地続きのリアリティを感じます。科学技術の進歩が早くて、未来予測としてのSFは勢いがなくなったと言われます。その一方、歴史改変テーマは科学技術や世界観のリアリティに力をさかなくてよいぶん、SFがもともと持っていた「思索・思弁」を深めることができるのやもしれません。

どれも秀作ぞろいながら、印象に残ったのはスティーブン・バクスターのパラレルワールドものと、日本の感覚でいえばほとんど長編といってもいい圧巻の表題作「ワイオミング生まれの宇宙飛行士」。登場人物が少なくてストーリーがまっすぐに進むぶん、長編というよりはノヴェラ(中編)なんでしょうね。日本なら編集サイドからもっと刈り込めとか、逆に枝葉のストーリーとキャラを描き込んで本格長編にしろとか言われそう。海外もの(主に英語圏)のSFの醍醐味の一つがノヴェラ形式なんで、国内でもそういう作品をもっと読みたいものよ、と思ったりします。

ちなみに第2弾(9月刊行)が「ここがウィネトカなら、きみはジュディ」。タイムトラベルテーマです。

今月刊行の第3弾が「スティーヴ・フィーヴァー」。ポストヒューマンテーマだそうで、刊行は月末の予定らしく、アマゾンにはまだないですが。
いやー、SFに魂売って悔いなし。

八丁味噌カレー - Hoffnung

2010/11/01 (Mon) 01:48:10

自分はカレー好きである、と言ってもほとんど情報量がないのが面白い。カレー嫌いって会ったことないからねー。私の場合は、特別にこだわりがあるわけでなく、フツーに市販のルーを買ってきて、フツーに肉と野菜で作る...ことがたまにある。決して気合いを入れて作るわけでなく、秘伝のなんとかもないのだが、けっこう人にはうける。特に外国の客人には、カレールーの安直さがバレないから楽して料理自慢(苦笑)できたりして。そういえば、父親が他界した前後、身内が交替で病院に泊まり込んだのだけど、交代要員が家にもどっていつでも食えるものを、ということでカレーを作り置きしたこともあったな。あと、余り物の野菜をがっつりぶちこんだポトフも作ったりして、煮込み系料理の有り難さを味わったよ。セロリというと、サラダの具材くらいにしか思ってなかったけど、ポトフに入れるとそのまんま「ハーブ」同然なのよね。

んで、今日の一葉は名古屋名物、「八丁味噌」ベースのレトルトカレーであります。国内を仕事やら遊びやらで旅行すると、ときどき出た先の名物のレトルトカレーを買ってくる。それほど活動的なほうじゃないし、そもそも日本全国で行ったことのない都道府県のほうが多分まだ過半数とかいうレベルだけど、いちおう北は北海道のトドカレーから、南は九州の牛肉カレー(佐賀牛だったか?)、本州だと仙台の牛タンカレーとか、西に行けば鳥取の鬼太郎カレーとか、山口の鯨カレーとか、あれやこれや。いや、鬼太郎カレーはもちろん、鬼太郎が入っているとか、目玉オヤジが入っているとかじゃないんですけどね(確か質の良い素材を生かしたビーフカレーだったと思う)。

名古屋には単に遊びに行ったんですが、「八丁味噌」カレーは思わぬ僥倖でした。むしろ甘みのついた味噌だれ風味という感じだけど、味噌のうまみがあってなかなかよかったですよ。「第三東京」カレーでも出たら速攻ゲットしますけど、何が売りになるんだろう?黒い温泉卵入りとか?神奈川県の奥地だと高座豚が地元ではわりと知られているけど、箱根というとちょっと距離があるしね。

...つか、まじめに考察してどうする。

新劇版のラスト予想 - 横着星

2010/10/04 (Mon) 23:52:33

誰か既に言ってる気がするが、マッドメンのラストのような
「美しくも何処か哀しい情景」
になったりして?
バートン女史=ミサトねーちゃん
コドワ=シンジ
波子=レイ
とすればあのラストは新劇版ラストに凄くしっくりくる。
「LRSは近親相姦になるから有得ん」ってな論旨をたまに見るが創世神話的な話を作ってるのだし(破ラストで「新しい生命が生まれるために古い生命が滅びる」ってな台詞があったし)、だとすればあの二人が兄妹・姉弟って設定は有りそう、そしてもしその場合
「二人と旧世界の折り合いをどう描くか?」
が課題になるし、そうなるとこの諸星作品っぽくなるかなあと。 
シンジもレイも旧世界を滅そうなどとは絶対思わないだろうし、さりとて旧世界に居場所はない。 で、その場合はこんな感じのラストの情景が・・・なんて本放送15年目の今日一寸妄想^^。
でもこの作品には旧作に出てきたアダムっぽいのやらジオフロントっぽいのやらEVAの墓場っぽいのやらその他色々と関連性を匂わせる(元ネタの一つ?)のが出てるので微妙に自信あったりして(・∀・)。
それにしてもQとそれ以降が一体何時見られるのやら? 
貞本さんも連載ストップしてるしどうなる事やら?
先はまだまだ長いなあ(つд`;)

これで涼しくなりそう - 横着星

2010/09/08 (Wed) 16:33:27

久しぶりに大雨と雷鳴っていて、これで暑い夏から脱却できそうだわね^^。
私も今週は昭和の妖怪さん(ゴルゴ13「闇の封印」は傑作)の終の棲家近所に出張中なのだけど、薄も穂が出揃いだしたし黒い富士山が冠雪するのも近いかな?

>綾波展も国際化ですねA^^;
 ウチが国際化しても加齢臭を輸出するしか無いですが何か儲けが出ると嬉しいですなあ。
 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

>ねーちゃんもきれいだ(純粋のゲルマン系じゃないし、わりと小柄)。
 あの辺は一杯混じってるから、綺麗なネーちゃんが居るって話は良く聞くですよ(;゚∀゚)=3ハァハァ 。 
因みに最近「カルパチア綺想曲」をラジオで遣っていて(キール議長が出てる^^)
「あー、近所におるんやなあ」
と聞いてました。

Re: 管理人の独り言 - tomato

2010/09/07 (Tue) 18:56:14

 英語もドイツ語もしゃべれるバイリンガルとは恐れ入りました。
 綾波展も国際化ですねA^^;
 そして日本は新米がウマイ時期ですよ~帰ってきたら米を食べてくださいなA^^;

 長い夏休みを取った所為で仕事がしたくない今日この頃です。

夢酔独言つか - Hoffnung@酔っぱらい

2010/09/07 (Tue) 02:42:11

そんなご身分ではない。
いま、欧州某所におりまして。昼間は例によって道を間違えて逆方向に延々歩いたりして、喉カラカラ。でもって夕食に行って、「ビールウマー」。ほとんどミサトさん状態でした。

あと、何もつけないのに「パンウマー」。日本人が米や味噌汁の経験値が高いように、欧州のパンは経験値が違うわ。

しかし、お店に入って、とりあえず英語で話しかけたが通じない。え?これやばくね?と思ったけど、若いおにーさんのウェイターさんに、「ドイツ語おけー?」と話しかけたら通じたのだった。超ひさぶりにドイツ語使ったよ(今いるのはドイツじゃないけど)。

...といっても、てきとうにヤーヤー言いながらメニューを指さして、合間に「ダンケ」だから、誰でも言えるわけです(爆

しかし、コーヒーよりビールが安いつーのは極楽だわ。ねーちゃんもきれいだ(純粋のゲルマン系じゃないし、わりと小柄)。ほとんどフォーククルセダーズの世界やね。

ι(´Д`υ)アツィー - 横着星

2010/08/31 (Tue) 17:29:34

やる夫だと同じとこにある
「やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです」
http://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/524709.html
が結構面白いです。
あとEVAじゃないけど、やらない夫で
http://yaranaioblog.blog14.fc2.com/blog-entry-787.html
を最近見付けた。 
いやーまさかこんなのもあるとはね^^。

Re: 管理人の独り言 - Hoffnung

2010/08/31 (Tue) 13:37:08

リンク先は他にもありだろうが。

ttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/1236893.html

アーカイブ扱いらしいので、とりあえずここを。
「ネタ帳」で「ユービックEVA」なんてのをちょっとだけ書いたけど、「やる夫」のAAでオリジナリティの感じられるストーリーを展開してます。まだ連載中だけど、SF好き、ディック好きはおためしあれ。

こういうのを見ると、「ユービックEVA」もありかもなー、と思い直したり。

...とまあ、明日から出張なのに、パワポがはかどらず沈殿しているHoffnungでした。

エアギター - Hoffnung

2010/07/23 (Fri) 15:24:39

ロック好きとしてはついつい目がいったのです。
思わず吹いた。

http://www.time.com/time/arts/article/0,8599,2005815,00.html

エアギターそのものは日本のTVでも紹介されてたし(ヘビメタさんなんてローカル番組が深夜にあったなー)、それなりの敬意をもってはいたんだが、国際選手権がフィンランドで始まったのね。しかも、他にもフィンランドではいろいろとトンデモな選手権があったりと、この記事では紹介されています。「ビザールなほどに驚嘆すべき現実逃避」というコメントがいいやね。

Re: 管理人の独り言 - Hoffnung

2010/05/05 (Wed) 23:26:11

>雑誌社も「付録で客寄せ」って事だけ考えずに、
>「大々的に読ませ、そして買わせる」

そのためのインターネット、というのはあると思う。しかし、根本的な問題は、「情報は(娯楽も含め)タダで手に入れるもの」という習慣というか観念が、かなり強く根付いてしまったことではないかと。

新聞なんかはそれで先行き真っ暗だそうです。というか、そもそも無料提供を始めた時点で自殺行為。「やっぱりお金取ります」といっても相手にされんわ。他のメディアにないような取材能力のある新聞なら残るでしょうが。

音楽や映像なんかは、無法状態なところもあるし。ミュージシャンもCD売って儲けようとか、もう思ってない人たちもいるかも。

まあ、私はオールドタイプなんで、ようつべで見て気に入った音楽のライブ映像なんかを、視聴後にアマゾンで注文したりするわけですが、そんなやり方が今では希少例なのかもしれません。若者は本気で金がなかったりする一方で、年寄りでも昔金を払ったものがタダになると嬉しくてつい勢いで大人買いならぬ「大人ダウンロード」する人もきっと多いでしょう。新しいクリエーターが出てきやすくなるには「タニマチ精神」がほしいのだが、過去のものにばかり興味が行くタイプの年寄りは、そういう気にもならんだろうし、難しいところです。

ただ、私も古いアニソンなんかをようつべで見つけると、「これってお店で買っても、元の歌手や作曲家には印税入らないで、今の版権者がもうかるだけかも?」と思って、買うのをためらうこともあります。いちいち調べるわけにもいかないし、けっきょく買うことが多いんですけどね(苦笑

ヘレンesp - 脂な管理人

2010/04/28 (Wed) 22:00:10

エスパー物のような、オカルト物のような、ホラー物のような、ファンタジー物のような、心霊物のような、何とも名状し難き作品。 
でも不思議と面白い&味がある。
この作家さんは「フランケン・ふらん」の方が有名かもだが(こっちも好きだけど)、あんなグロい作品(以前「秋田書店随一の問題作家」と、どっかの書店で煽り看板付きでフランケンの方が売ってた(苦笑))描きながら、こんな「ほっこり」した作品も描けるんだなあと感心してしまった。 
しかし連載してるのが(時折短期集中連載)少年チャンピオンってのがまた何とも笑える。 この雑誌って武闘系というか体育会系の作風のが多いので妙にヘレンが異彩を放っている・・・だがそこが良い( ̄ー ̄)ニヤリッ。
所謂「萌え絵」では無いし読む人を選ぶ作品かもしれないがこの作家さん、もっと評価されて良いと思う。 未だ単行本未収録作品もあるので今後が楽しみである。

それにしても「フランケン・ふらん」のドラマCDなんてあったのね、知らんかった。
そしてヴェロニカの声優さんがナガモンと一緒っての知って笑ってしまった、近い内に是非聞いてみよう。

>「恋愛遊星」といい(作風は全く違うんだが)、
 ヤングAの方の後編も楽しみです。
>若くて才能のある描き手がときどきでも出てきてくれると、
 その為にも雑誌が「立ち読み可」「視読可」になってくれないと困る(立ち読み出来たからこそ「恋愛遊星」も「ヘレンesp」も知り得、買った)。 昔は殆どの書店で雑誌の中を読めたのに、今では殆どの書店で雑誌の中を読めないのよねえ。 読めないと新しい好みの作家さん達を探す事が不可能になるし(雑誌全部買うのは流石に不可能)、単行本とか探す・買う事も難しくなるし、そうなると新しい作家さん達が育ちづらくなるんじゃないか? 
雑誌社も「付録で客寄せ」って事だけ考えずに、
「大々的に読ませ、そして買わせる」
方法を考えても良いと思うのだがなあ(-人-)。

仮面ライダーSpirits - Hoffnung

2010/04/26 (Mon) 22:16:43

ここ数年、ハマって買いそろえているマンガの一つがこれ。熱いですよー。暑苦しいともいえる。そこがいい。

昭和ライダーはふつうに見ていたが、時代とともに「卒業」したつもりでいた。平成ライダーはそもそも朝なので見てない(日曜の午前中は二度寝、三度寝するものよw)。そんで一話完結じゃないというのが追い打ちをかけてるのよね。ダメ押しが主役陣の演技力不足で、いや、昭和ライダーはよかったとか一辺倒な意見をするつもりもないのだけど、昔は「身の丈」にあった脚本、演出、演技だったと思うのよ。平成ライダーは作品によってはややこしい世界観だったりするから、演じる方も負担でない?と思ったり(そうはいっても、絶叫しない脱力アマゾンは論外です>ディケイド)。

そこへこの、spiritsですよ。最初の数巻は歴代ライダー登場編で、もう作者の燃えたぎる思いがふつふつと。例えば2号登場編、敵の怪人が「いい性能だな。キサマの作戦目的とIDは?」と言うと、「正義。仮面ライダー2号」。もう燃えまくりじゃないですか。

もともとダークヒーロー的属性のあった仮面ライダー、そんな風味も十分に生かされています。主人公のZXが本格的に物語にからみ始めてから、一号ライダーとキックの打ち合いになる場面で、ドバっと見開きで「原作 石ノ森章太郎」とデカデカ出てくるあたりは、ライダーファンとしては人並み程度の私ですら燃え上がったくらいだから、濃厚なライダーヲタはもう血涙ダダもれだったでしょう(そういえば、ライダーのオマージュまであるエヴァFFのクロス大河小説を書いてた鯨さんもいたなー...ライダーキックならATフィールドを突破できるとか、面白いネタも話した記憶が)。真のオマージュとはこういうものだと、頭の下がる思いです。

第弐局はそんなに覗かないが、「仮面ライダーspirits」のスレッドは横紙破りなDQNもほとんどいなくて、分別ある熱きライダーヲタの諸兄が特濃の書き込みをしてらっしゃいます。仕事に疲れたときなど(会社じゃやばいんで、自宅でだけどさ)、癒しを求めて読みにいくことがあります。お約束にしたがって冒頭の「h」は落としました。

ttp://changi.2ch.net/test/read.cgi/comic/1272193716/
ttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1267975673/

源平ビール - Hoffnung

2010/04/25 (Sun) 00:13:58

酒は弱い。ちょっと飲むとダレーっとなって、あとは眠るだけなのである。
昔は日本酒などをちびりちびりやる程度だった。それより前は貧乏学生とあって、強いスピリッツを買い込んでペロペロなめて寝酒にしていた。千円かそこらのボトルがひと月もつんだから、安いもんだった。

しかし最近はもっぱらビールなり。コストパフォーマンス的には実は高くつくのだろうが、量が少ないからいいかなと。週末はコンビニでエビス缶を一本買い込んでポテチを食いながら晩酌です。

地方に行ったり、地元にいるときでも各地の地ビールが飲めるお店だと、面白がってふだん飲まないものをよく注文する。今宵の一葉は、名前のとおり関門海峡あたりのビールです。黒までいかない、濃い茶色のビールで、うまかった。地ビールはいっとき流行して、今でもいろんな地域であるのだが、あまり気合いが入ってないところもあれば、さすがというところもある。この「源平」は後者でした。

ちなみに、EVA--Frame by Frame第何話だったか、ドイツビールの空き缶を積み上げた写真を遊びで入れましたが、ボカシをかけてないほうの写真はこちら。年に1-2回しか更新しないけど、Hoffnungのブログです。

http://hoffnung-in-der-ecke.blogspot.com/2006/11/photo-assortment-leipzig-germany-2000.html

ドイツビールつながりだと、ここいらはおすすめ。

http://www.zato.co.jp/shop/shop.html

私は渋谷の「ジャーマンファームグリル」とお茶の水「フランツィスカナー」は行ったことがあります。どちらもお酒、ビールともに美味でした。神保町の三省堂地下の「放心亭」もドイツの料理とビール(白あり黒ありでとてもいいっす)が楽しめます。

http://www.kanda-guide.com/shop/053/index.html

あと、ドイツ限定ではないけれど、輸入ビールのお店がこちら。

http://www.tails1998.com/

私は水道橋に行ったことがあるけど、今は移転したみたいですね。アメリカのマイクロブリュワリーの逸品を飲めたのがうれしかった。

天顕祭 - Hoffnung

2010/04/21 (Wed) 23:57:44

またマンガネタで。
マンガ作品も刊行点数がめちゃ多いし、マイナーなものまで目がゆかずに好みのものでも見落としてしまうことはさぞやたくさんあるだろうと思うのだけど、この作品は偶然に本屋で目にして、「うむ、何かありそうだ」とひらめくものがあったので買った。都心は仕事でふつうに行き来するのに、フラッと本屋によってぼーっとしながらいろんなコーナーを見てまわることがなかなかできない。この作品を見つけたときは運がよかった。もちっと、良い意味での気のゆるみがほしいものです。

しかし、この作品は当たりでした。ネタバレはしませんが、おおよその路線は伝奇的なホラー。しかし、世界観の設定(作中では詳しく述べられることはない)など、さりげなくSF風味です。同人出かな?画力は安定してます。

ただ作品の価値とは別だけど、分厚くてページ数が多いわりに紙質が悪いので、ちょっと保存には気をつかいますね。いや、ずっと手元に置いて大事にしたいという意味ですが。通常のコミックス仕様で上下2巻でよかったかも。

ネタバレできないんで書くことはあまりないなー。ちなみにこの作者さんの新作「wombs」の第1巻が出てます。「あの天顕祭の...」という宣伝文句があるんで、この作品はかなり知られたのでしょうね。んで、新作のほうですが、作者の本性が?!という感じで、SFしてます。かなりブッとんだ世界観で、本気でSFです。もし元ネタがなくて完全オリジナルの着想だとしたら、「この作者さん、すげー」の一言。仮にヒントになった作品があるにしても、それをきっちり映像化してストーリー展開させるあたり、ホンモノですね。こっちもネタバレできないので、今日はここらで。

以前に横着星さんから紹介があった「恋愛遊星」といい(作風は全く違うんだが)、若くて才能のある描き手がときどきでも出てきてくれると、余生が楽しめるというものです。

第3新東京市上映会 - 横着星

2010/04/17 (Sat) 20:46:26

なんか色々遠くから遥々来る人達も居るようだ、大金掛けて^^。
ただ巡回してみてると
「下手打ち」
そうな計画立ててる人達も居るようだし、暫く観光案内では仙石原周辺を重点に紹介してみるべきか?
あんま需要は無いかもしれんが遣らないよりはマシ?ヽ(゚∀゚)ノ

祭りはまだまだ終わらない・・・ - 横着星

2010/04/11 (Sun) 20:00:54

綾波展開催時に何度か呟いた台詞ではあるが
「終わったのを気付かない痛い馬鹿」
になった気も(*゚Д゚) ムホムホ 。 
んでもそんな痛いのからまだまだ搾り取る気まんまん>ガイナ。 少なくとも私の脳内ではまだまだ祭りは続きそう^^。
http://www.jtb.co.jp/shop/houjinmarunouchi/info/evangelion/
それにこのイベントの時期は多分校庭のツツジが盛りかと思うし、それを愛でつつ住民票登録に行きますか( ゚∀゚)アヒャ 。
しかしココってEVA本放送時には未だ現役だったのに一昨年閉校、時の流れを感じますのう。 だけどモデルになったのは仙石原小学校なのだしどうせならそっちの体育館で上映会やれば最高だったのだけど流石にいたいけな小学生の学び舎にキモをた連を呼び込むのは教育上好ましくないとの判断だったのかな?(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
すぐ傍に
http://www.lawson.co.jp/eva/jack.html
で紹介されてるローソンも有るし8,9日は盛り上がる事だろう、校庭で模擬店みたいなのもやんのかな?。
まあ湯巡りは終わったけど、こういったイベントやるなら近い内にまた観光案内でも更新しますか。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ。

だけど綾展準備期間前からだから10~15年以上この界隈にしぶとく居座ってるが、まさかこんな風に今更イベントがぽこぽこ出るようになるとは思わなかった。 EVA小説界隈は衰退しつつあるようだが全体で見ると今後どう動いて良くか実に興味深い。
まあそれを見届けるまでは・完全に死に水取るまでは、自家発電でも「こんな歴史があったんだよ」的な想い出話場としてでも続けて行けるとよいやね( ゜▽゜)/ 。

い、いかん... - Hoffnung

2010/04/10 (Sat) 03:06:39

ひさぶり堕ちたようつべ地獄。

一つ観ると、芋づるで次々出てくるからえらいこっちゃ。

よくこんな昔のがこのレベルの画質で残ってるな、なんてのもあって。

アニソンだの昔のポップスだのずらずら観てて、この時間。いや、ようつべだけを観てたわけじゃなくて、テレビだのメールだのも見てたのではありますが。

たまたま行き当たった、学生時代のアイドルの歌とか、もうドツボ一直線ですわ。グダグダで修論書いてた頃なんて、思い出した日にゃ...

今日までとりあえず生存した自分に拍手やね(爆

ちと火急の用が入ったんで、週末は堕ちます、いや落ちます。お気に入りアイテムの紹介シリーズは、また週明けにでも。

突然マジな独り言 - Hoffnung

2010/04/08 (Thu) 22:13:18

しかし、他の数多くの猛者にくらべれば、私なんぞはネット上のエヴァファンフィク関係者ではぺーぺーではあるのだが、気がつけばオリジナル綾波展に顔を出し始めてもうすぐ10年。考えてみればすごいことだ。10年といえば、おぎゃあと生まれた赤ん坊が小学5年生になり、発育の早い子ならばスク水がもう(以下略

私も家族・親族が増えたり減ったり、まあ色々あったわな。エヴァ、そしてレイに対するモンモンとした、まだ何かあるんじゃないか、何か見れるんじゃないか、といった煩悩はずいぶん薄れたけど、それでもこんな具合にサイト運営の片棒を担いでいるのはなんでだろう、と思ってみたが...

まあ、こんなことはかなりアホじゃないとできない。継続は何とやらという。つまり、私はボトムラインがアホなんだよな、と。キャラ作りせんでも、踊るアホウに見るアホウ、どっちも天然でやってます、というところか。

えっと、何が言いたかったかというと、別にないです(笑)。ただまあ、テンションが下がっても、こうやってグダグダやってるのが地なんで、夢からさめたようにサイト閉鎖宣言を打つようなことはないです、ということか。しょせん穢れも埃もかぶりまくりのヲヤヂですから、今更「身をキレイに」なんて思うわけがない(爆)。

というわけで、今後もよろしくです。シンちゃんの誕生日、兼オリジナル綾波展開始10周年記念のころには、また短いお話でも出せればと思っています。ま、年度初めのごあいさつということで。どうかよしなに。

死せる王女のための孔雀舞 - 横着星

2010/04/07 (Wed) 00:07:49

佐藤史生さん、死去。
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2010040600923
金星樹とか夢みる惑星も好きだったなあ・・・合掌。
SF描ける数少ない漫画家(少年少女を問わず)さんだったのに・未だ若いのに(涙)。
そういえば「死せる(亡き)・・・」はレイのイメージソングってな話が昔何度か上がっていて、SSでも
「EVANGELION  WAIL(ゆーたろさん)」
で出てたし、綾波展開催時に
「もし第二回を遣る時は絶対出す」
としてた同人誌にもこれが主題に使われてたっけ(近い内に同人補完で紹介しよう)。
しかしホント惜しい人を亡くした、もっと色々描いて欲しかった(溜息)。

光世紀の世界 - 横着星

2010/03/25 (Thu) 21:03:23

本の整理が全然進まない('A`)。
だけど色々と想い出深い本が発掘されるせいで私が悪い訳じゃない( ゚∀゚)アヒャ 。
しかしこれも実に想い出深い。 
当時著名な人達に配られていたので私みたいな木っ端は貰えないだろうと物欲しそうな目付きで手伝ってたら
         -〈{匀}-
       /..:::  -―‐-  \
     //.:/          \
      |_|::|   、    ト | l
     {ヒ{}コ}\  |\   | | | |
      |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ
   三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
     寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄
望外にも入手出来
               rく乞7ト
             /::::::>=<:::::\
           /::::/      `ヽ>― 、
           f´ ̄∨  / /   l lヽ{ つ_丿
           人 ⊂ノ| |ィ7T  ノート、く ̄\ \
        r‐く ̄`ーク乂y==ミ/ ,=ミトヘ\   ヽ
       \    /l|八 "" __ ""ノ リ_>、  〉
        ヽ /ヽヘ ヽ (    ノ イ /:::::::::::::::>′
        く:::::::::::|::丶>≧=≦ /イ::::::/ ̄
       ≦三≧ーヘ::|::::::トr‐r‐r‐|::::| ̄ ≦三≧
      / / ̄}ア⌒   |::::::| {迄} |::::|_ ⌒ヾ{ ̄
    // '  /     /ヽ:::: 、 / ヽ ノ:::/::L、
    {{ l イ    /  }::::::\_/:::::::::::::::〉_
    丶 | l|   イ  /:::::::::::::|\:::::::::/\:::.... 、
       | | |   l|  >┬―{__ ̄ \::::::\:::::\
      l l八   |¦ /:::/:::|:::::::|__/ ̄/\::::::〉::::::::\
        乳酸菌状態!!!

もう30年近くも前でアニメーターさんやらSF作家さんやら漫画家さん達が入手してたけど、その後のアニメやらSFやら漫画に何らかの・多少は影響・貢献出来たのかな? 
人間一生の内で心躍る仕事ってのにはなかなか当たらないモノだけど、もう一回位こういう仕事に当たってみたいものよ(遠い眼)。

学級文庫の想い出 - 横着星

2010/03/21 (Sun) 03:03:20

先日仕事で某小学校を訪問したのだが教室を覗いたら後ろに学級文庫があり、
「おお、懐かしい」
と思い近寄って吃驚、最近の小学生はこんなの読んでるのか?!
http://www.tsubasabunko.jp/04books/04book_b08.html
男子達は兎も角、女子達がこんなモン読んでドキョソ化したら正に亡国リーチ!
こんなの読んでる娘さん達が6年もするとウチに来るのかと想像しただけで
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
元アイドルのAさんも二次元規制だの児ポ規制だのする前にもっと最凶の存在がある事を認識し何とかして貰いたい(><)。

・・・と言うのは全く冗談だが( ゚∀゚)アヒャ。
女ジャイアンの本が有ったのはホントだけど私らが小学校の頃と比べると全然蔵書の種類が違うやね、まず私らの世代にはラノベが無かった。 正確に言えばラノベの走りとも言うべきソノラマ文庫は有ったけど学級文庫に並んで居なかった。
並んでたのは画像に出したような
「エスエフ 世界の名作」岩崎書店
この手のがヅラッと教室の後ろに並んでいたっけ(遠い眼)。 
「戦うフィーチャーメン」のように子供心を躍らせる冒険活劇もあれば、何とも陰鬱な「時間かんし員」、行間から死の香りが漂う「合成脳のはんらん」(何度か紹介してる作品だがkameさんのHolidayを読んだ時、そのラストとこれのラストが重なって速攻実家の蔵を漁って発掘し再読し号泣、小学校の頃にも号泣したが良い歳こいたヲッサンになってもやっぱ号泣)。 
そして当時、国際連盟・国際司法機関の昔話(戦争そのものを違法とした、法による国際秩序)を寝物語に聞いていた身としては「宇宙パイロット」の
<おじいさんはアメリカ人、ドイツ人、中国人、アラブ人、そのほかの人々と一緒に、最後の大砲や機関銃を「平和のようこう炉」へはこんでいった。 もとの鉄にとかしてしまうのためで、これで世のなかから戦争の武器がきれいにきえうせた>
の行と大砲引っ張ってる絵には、文字通り身も心も打ち奮え、絶対何時かこんな日が来ると(更に当時、学研の科学に気象操作構想としてベーリング海峡封鎖プランが載っていたのも激情に拍車)確信してたっけ(更に遠い目)。 だけどこの作家さん旧ソ連の人で大祖国戦争の頃、砲兵として戦場を駆け巡ったってのを直後に知り、連盟に止めを刺した国(1939冬戦争で連盟は店仕舞い)の人かと一寸複雑な気持ちに(日本もそれ以前から苛めてたし旧ソ連ばっか非難出来ないけど^^)。

これらの本を読んだのは40年近く前(書かれたのは60年近く前)、もう老眼始まったけど今読んでも胸が熱くなる。 でも今、学級文庫に並んでるラノベとか読んでる小学生達、この手の(ラノベ)読んで激情に身を奮わせるのかな?  老眼始まった頃にまたラノベを読み返し胸を熱くする事が出来るのかいな? なかなか興味深い。
私もラノベ好きなの多いし無事年金生活に入ったら読み返したいと思ってるのは幾つかあるけど、小学校の学級文庫(or図書館)での
「身を奮わせるような激情」
は未だ無し、何時か出会いたいものよ。 
でももう歳食ってしまったから・不感症になってしまってるから、あんま感動出来なくなってるのかもなぁ。 昔の本読んで感動出来るのは想い出補正かもしれん、だとしたら溜息しかでんなぁ。


>1970年代だのベトナム戦争だのはもう思いっきり時代劇の世界。
 今回出した本が書かれたのは1950年代なのだが、もう超古代文明の世界だわね(゜∀。)ワヒャヒャヒ。

樹村みのり - Hoffnung

2010/03/19 (Fri) 20:26:45

今日のネタ振りはマンガ。

やりだしたらきりがないけど、ちょっと意表をついてこの作品を。樹村みのり女史です。シブイです。長いものを描かないし、アニメ化された作品もなし(たぶん)、絵柄も地味なので、花の24年組にしては知名度が低いですが、いやー、好きなんですよ。

手に入りにくい作品も多いし、ちびちび買ってはいるのだけど、まだ見ぬ良作はきっとたくさんあることでしょう。以下はミクシーに以前描いたことと一部重なるけど、ご容赦あれ。

ずいぶん前のこと、「星に住む人びと」という作品が少女マンガ誌に掲載された。たまたまその号を持っていて、えらく感動したので、その部分だけ切り取って保存しておいたのでした。でも、引っ越しを重ねたりするうちに、遺失。その後、長い間作品の要所だけは頭の中にずっと残っていて、ときどき脳内でリプレイして勝手にうるうるすることもしばしば。しかし、一昨年だか、「夢幻館」というマンガ誌になんと再録されたというニュースをネットで知り、速攻で注文。さらに驚くべきことに、これは再録でなく、描き直しだったという。すごいアーチスト魂だ。さらにその後、コミックスで出たことを知り、さらにポチッと。それがここで紹介した作品集です。

平成生まれが成人になる今どき、1970年代だのベトナム戦争だのはもう思いっきり時代劇の世界。その頃に20才前後だった主人公の太平洋戦争(の直後)にまつわる思い出となると、世界観からして「学習」しないとだめなんじゃないかと思ったり。中身の紹介はしませんが(購入を強くオススメ)、人生の一瞬の断面と、何十年という長いパースが交錯する描き方って、すごく好きなんですよ。エヴァSS/FFでも、大人になったシンジたちがかつての時代を振り返る作品とか、めちゃ弱いです。

ちなみに、表題作もまんまの内容で、こっちが送られる日もさほど遠くないのーと思うと、さらに涙腺がゆるんでしまふ。

無能な働き者の管理人の独り言 - 横着星

2010/03/17 (Wed) 00:08:16

>管理人隔離というか、高齢者隔離スレか?(
 つーか隔離するほど人おらんでしょう(ノ∀`)。
 一日100カウンタ程度の回転率ではウチラ全体が隔離されてる感じじゃない?( ゚∀゚)アヒャ

>バロウズの「火星シリーズ」、「金星シリーズ」は全部読んでおるのですわ
 なんつーか古き懐かしのSFって感じですのう。
 そーいやこないだ出した画集も故・野田元帥が絡んでるのだのう(遠い眼)。

火星の美女 - 間部瀬博士

2010/03/16 (Tue) 21:05:35

バロウズの「火星シリーズ」、「金星シリーズ」は全部読んでおるのですわ。武部画伯の挿絵は実によかったですね。ただ、デジャー・ソリス、もうちょっと美人なんじゃね?とか思いました(笑)。

Re: 管理人の独り言 - Hoffnung

2010/03/16 (Tue) 13:00:24

>最近のラノベの萌絵も好きだけどこの人の描く和風美女にはときめきましたわ(笑)。 しかし最近の若人は好むかな?

http://matome.naver.jp/odai/2125861768793680066

今はアヒル口だそうで。学園ドラマの「ちょっと可愛い脇役」(主役は正統派美少女で)ならありかもしれんが、「火星の美女」だったら笑いが先に来てしまうのではないかと。

うおおおー - Hoffnung

2010/03/16 (Tue) 01:33:20

レスが伸びてる...

管理人隔離というか、高齢者隔離スレか?(<楽しいからいいけど)

大気不安定どの
>哲学的SFのレムがSF三本柱だとか。

レムもすごく好きな作家です。ノーベル賞候補にもあがったんじゃなかったかな(ソース不明ですが)。まあ、ノーベル賞の政治性を思えば、冷戦期にポーランドからというのはありえた話です。でもこの話にはオチがあって、候補になったのに「でもあいつ、SF作家だぜ」の一言でボツになったとか。たぶんガセネタですが、何やら象徴的な話ではあります。

レムの作風だとラブストーリーはあまりないように思いますが、しいて言えば「ソラリス」で出てきたかつての恋人(だか妻だか)の虚像は、ユイさんとかレイのイメージと少し重なるかもしれません。というか、冬月がソラリスに派遣されていたら、間違いなくユイさんの虚像を見て破滅していたでしょう。

...あ、このネタはFFになるな。ソラリスに派遣されたチルドレンとか。超イタモノになりそう。

>ハヤカワSFシリーズには、安部公房の第四間氷期もあった。

安部公房も最も好きな「SF作家」の一人です。短編にもSF色の濃いのがけっこうあるんですよね。二次創作の文体なんかを解析する閑人もいないだろうけど(まして拙作なんぞは)、小説を書くときの私の文章はかなり影響を受けています。ぶっちゃけ、安部公房+ブラッドベリという作風が(<わけわからんぞ)、学生時代にものを書いていたときに仮想的に目標としていたスタイルだったのでした。もちろんそんな目標、到達できるわきゃないんですが。

武部本一郎 - 横着星

2010/03/13 (Sat) 20:08:06

>宮野理香のイメージは武部本一郎の挿絵に負うところが大きいと思う。
 それは言えるかも。 
 最近のラノベの萌絵も好きだけどこの人の描く和風美女にはときめきましたわ(笑)。 しかし最近の若人は好むかな? その点が興味深い。
>少年ドラマシリーズで宮野理香を演じたテレサ野田が不評だったのはそのためか。
 一寸バタ臭い感じの美人だったし(今ならウケるかもだが)私はイメージと離れた感じがして駄目でした。

しかしこの画集シリーズ、結構良い値段で出てるのね、さっき検索して吹いた。 売ったらプー太郎になっても2~3日は生きて行けそう( ゚∀゚)アヒャ 。

Re: 管理人の独り言 - 大気不安定

2010/03/12 (Fri) 23:28:45

>ブラッドベリ
一説によると、文学的SFのブラッドベリ、科学的SFのクラーク、哲学的SFのレムがSF三本柱だとか。

>暁はただ銀色
前にも書いたかもしれないが、宮野理香のイメージは武部本一郎の挿絵に負うところが大きいと思う。少年ドラマシリーズで宮野理香を演じたテレサ野田が不評だったのはそのためか。テレサ野田よかったのに、八月の濡れた砂。

>新書版のSFシリーズ
ハヤカワSFシリーズには、安部公房の第四間氷期もあった。

いやはやなんとも - Hoffnung

2010/03/11 (Thu) 13:12:30

http://www.nhk.or.jp/paphooo/top.html

「プログレ完全復活!ライブ@世界遺産」3/13(土)24:00<総合>■東北地方は3/14(日)1:50から
みうらじゅんの野望ついに実現!壮大なパフォーマンスは伝説となる。

このサイトの来訪者なら、興味をもつ人もいるかも?エヴァとは関係ないんですが、セルフ隔離スレならこんなのもありかと。

ちなみに画像はヒプノシスがデザインした、ピンク・フロイドの「狂気(原題The Dark Side of the Moon)」のジャケットです。史上もっとも有名なプログレ作品ですね。

最初に買ってきて「針を落とした」ときは「キターーッ!」だったなあ。秋の夕暮れだったのをおぼえてます。聞き終わるころには闇がおりていてね。原題の「月の裏側」というのは、われわれが見ることのできない、謎めいた領域という含みがあるとのことです。

お、月の裏側...エヴァとつながったぞ。

Hipgnosis - Hoffnung

2010/03/11 (Thu) 01:17:07

少し前に紹介したヒプノシス。
ミクシーでも書いたけど、1970年代、「LPレコード」のすばらしいジャケットをたくさん創ったアート集団です。

ヒプノシスといっても、催眠術ではなく、Hipgnosis。例えばピンク・フロイドなどは多くが彼らの手になるジャケットを使っています。あと、私の好きなところでは10ccも。楽曲がウィットにとんでいて、同時にけっこうシュールな面もあるので、ヒプノシスのジャケットはドンぴしゃでした。

どうやらこのスレッドはレトロ趣味全開になりつつありますが、やっぱLPのジャケットはアートでした。音源そのものは、今はCDで聞いてるけど、ジャケット惜しさにLPも処分できずにいます。喫茶店などでも、LPジャケットを壁に展示したりして雰囲気を出しているお店がときどきありましたね。

紹介した写真は、そんなヒプノシスのジャケット作品を集めた本です。こんな本があることなど全く知らず、ネットを漫然と検索していたら出くわしたのでした。さらに、存在を知った後で、入手方法もわかって(とうに絶版になってたもんで)、ポチッと発注。そのうえ、アマゾンで関連タイトルを紹介されて、それも発注と。まあ、ケチったんで、保存状態の悪いものを買ってしまったが、それはそれで仕方ない。

ヒプノシス以外でも、プログレ者からすれば、ギーガーの手になるELP「恐怖の頭脳改革」(<原題がBrain Salad Surgeryで、直訳すると「脳みそサラダ手術」なんだなw)なんぞはインパクト大でした。これからはCDすら消滅して、ダウンロード主体になるから、ジャケットはPCとかiPodの画面でのみ存在するという時代になりそうやね。もっとも、それはそれで、「動画がジャケット」という展開もありだから、うまくいけば面白いかも。

探すのが一苦労 - 横着星

2010/03/07 (Sun) 21:18:38

編集能力以外にも整理整頓能力も壊滅的な事が判明(溜息)。 
どの部屋のどの押入れのどのダンボール箱にどの同人誌が詰まっているのか全然不明ヽ(゜▽、゜)ノ。
ゆっくり遣るつもりで居たが今年に入って不幸な事件が相次ぎ
「根こそぎ捨てる」
       ( ⌒ )
     γ⌒   ⌒ヽ
     ゝ      ノ   ポッポー
       | l |
         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.:ノ ●      ● リ:l:.!:ハ!
     ,,∨|:.:.! ノ( 、_ ,    ソ/i/ノ     
   (´ i  ヘ!:| ⌒ | /    ノ!/′     
    ``゙''ー、.ヾ>ー-`´-- <イリ      
          }::::::\i=//::::::ヘ
        ノ::::::::::/∀i:::::ノ、.__ノ
       〉、;;;;;ソ/A.il;;;;;! `ー'    ペシッ!!
        〉ー、i!____i!__,,ゝ |l!il|
        (、,,,/     !__,,,! ,,、___,,、、,,,___,、、 て
        `ー'      `ー' ヾ_;,;,;,;,へ、,;,;,;,ソ て
              )          て
              ゝ⌒ ヘ/⌒ヽて
計画が私の意志を無視して強制発動しそうなので、それまでにどの程度補完出来るか問題である(´;ω;`)ブワッ。
んでもこんな銀背が発掘されので、まあ偶に整理も良いかな? そういえばこれのオマージュEVA小説もあったやね。

>相手を油断させ、本音を隠すための戦術だとしたら
 しかしあそこまで「逝って」しまうと油断以前に
 ( ゚д゚)ポカーン
 ですなあ。

宇宙年代記 - Hoffnung

2010/03/05 (Fri) 19:06:59

をを、レスをばありがとうございます。

間部瀬博士どの:
私も「華氏451度」を最初に読んだときは「白背」でした。図書館で借りたんで、手元になかったんですね。それでふと見つけた古本を買ったと。

>所謂「文科系」のSFですね
たしかに、ブラッドベリは典型的ですね。もっとも、小松左京みたいにイタリア文学だか何だかを出た人がハードSFの代表格になったり、星新一みたいに農学部だか薬学部だか出た人が科学考証にもとづいたハードな世界観を表に出さなかったり、経歴と作風は入れ替わることもあるようです。ブラッドベリはファンタジー系でかつ短編中心だったということが、メジャー出版で成功した一因かもしれませんね。

>元アイドルのAさんが主張してるのが
どっかのトンデモ系サイトで、日本文化の破壊をもくろむ死○死○団の工作員だというネタがあって苦笑しました。あのいつまでたってもたどたどしい日本語は、相手を油断させ、本音を隠すための戦術だとしたら、かなりのもんです(w

んで、今回のお題。奇しくも光瀬龍が続きますね。昔は銀背やSFマガジンで読んだかな。少し前にハルキ文庫でまとめて出たので買ったんですが、アマゾンを見たらもう絶版だそうで、こっちは定価以上の価格がついててびっくり。「宇宙年代記」を構成する短編ががほんとに年代順にならんでいるので、お得感もありでした。光瀬氏は代表作となると「百億と千億」で、長編の人という印象があるけど、短編シリーズ「宇宙年代記」も傑作だし、こっちも代表作だよなあ、と思います。加えてジュブナイルでもいい作品を残しているわけで、要するに偉大な作家ですね。「無常観」という言い方でくくってしまうのはちょっと気が引けますが、人の「はかなさ」が核にあるという感じはします。宇宙や地球の歴史からみた人類のはかなさだけでなく、ジュブナイルもまた、人の一生に照らしたはかなさ(80分の2-3てとこか?)があって、そこいらへんが綾波系中年男の心の琴線に触れるのやもしれません。

暁はただ銀色 - 横着星

2010/03/02 (Tue) 17:33:59

昔のSF本の話が出てるので苔生し管理人として一寸珍しいのを。
作品は何度か取り上げられたけどその殆どは文庫なのでその前に出てたハードカバーを今日はUP(中のイラストも文庫版とは若干異なる)。
これは1970年に出た本、そして元は1965年の中学三年コースに連載されてたのだし40年以上前・・・私も老眼が始まる訳だ(涙)。
しかし綾波派生キャラと言われるナガモン、現在上映中の「消失」を何度か見に行ったけれど
「綾波4:理香6」=ナガモン
と感じたが、そんなヲッサンはどの程度居たろうか? 結構若人が多くて若干恥ずかしかったけれど「うる星」のビューティフル・ドリーマーをも想起させる出来だったので(ネットでもその手の意見が散見される)全体的には意外と居るのかな?

>テレビ中継される。愛らしい美少女たちが紅蓮の炎の中で灰になっていき
 元アイドルのAさんが主張してるのが法制化されると有りうる未来(-_-)。
 あの人、私が子供の頃には優しげなお姉さんっぽくて結構好きだったのに(-_-) 。

Re: 管理人の独り言 - 間部瀬博士

2010/02/28 (Sun) 15:43:07

ブラッドベリ好きがお邪魔します。

「火星年代記」はもちろん読んでおりまして、私的に5本の指に入るSFとなっています。科学知識とか常識とかそんなのなくてもSF小説は書けるのだということを教えてくれた作品でありました。所謂「文科系」のSFですね。ブラッドベリはもともと怪奇幻想小説でスタートした人ですから、私の好みによく合ったということでしょう。ちなみに私のは「白背」です(笑)。

実を言えば「リリスの子ら」のエピローグはこの小説のラストを意識しながら作ったものでありました。ですから間違いなく影響を受けていると思います。

TVシリーズの方も見ました。亡きロック・ハドソン(エイズで亡くなった)が主役をしていて、脚本が確か大物リチャ-ド・マシスン。確かに割りと原作に忠実な映画化でした。
ところで翻訳では主役が「ウィルダー大佐」、TVの方は「ワイルダー大佐」、どうも後者の方が合ってそうな気がしますがどんなもんでしょ。ビリー・ワイルダーなんて人もいますしね。

「華氏451」、詩情あふれる映画でした。最初タイトルバックがなくて全部アナウンスで聞かせるなんていいアイデアでしたなぁ。

「摂氏239」て題でパロディを作ろうかとも思ったりしました。舞台は右傾化著しい近未来の日本。ここでは「オタク文化」が全面的に禁止されている。主役の「ぼく」はFFを書いているのがばれて特高に捕まり、根性なしの「ぼく」はあっさり転向してしまう。そのうち大々的に焚書が行われ、テレビ中継される。愛らしい美少女たちが紅蓮の炎の中で灰になっていき、日常に帰った「ぼく」は涙を流す‥‥てな感じで。まあ永久にお蔵入りですがね。

ついでに近況です。つい先日新作に着手しました。結構長いですが書き下ろしにします。発表がいつなるかはまだ分かりません。内容は誰も想像がつかないものとだけ言っておきます。

銀背とは - Hoffnung

2010/02/28 (Sun) 00:44:54

すいません。説明しないとわかりませんね。
早川書房から出ていた、この新書版のSFシリーズ、背中が銀色なんです。だから「銀背」。正確には下3cmくらいが黒。

その後、文庫が出るようになって、初期のSF文庫は白い背中だったけど、ある時期から水色の背中になったんですね。だから「青背」。今では銀背はふつうの新刊書店にはおいてないけど、青背はあります。といっても品切れ・絶版が多すぎだし、大きい本屋(しかも老舗)に行かないと揃ってなかったりですが。たまに都心に出てそんな書店に入ると、文庫コーナーに行って「うわ~、青背だ~(はあと)」とうわごとをいいつつ大人買いをするのですわ。

銀背 - Hoffnung

2010/02/28 (Sun) 00:35:16

...という言い方は見事に死語やねー。秘密結社の合い言葉に使えそう。

「青背?」
「銀背!」

とか。青の次に銀を連想する人はふつういまいて。ホッホッ。
金のかかる骨董に手を出すつもりは毛頭ないですけど、ワンコインで「昭和の遺物」を買いそろえることはときどきします。これもその一つ。ちなみに初版です。昭和38年刊。アマゾンによると600円で手に入るんで、お宝にはほど遠い(苦笑)。さらに古くは、「火星人記録」という題で出ていたそうだけど、それはさすがに見たことがない。

翻訳者は小笠原豊樹氏。ロシア文学の人らしいけど、アメリカ文学も訳して、大したもんです。

ブラッドベリはクラークやアシモフとならんで、自分的には「殿堂入り」ですわ。彼は基本は短編の人なので、SFだと「華氏451度」とこの作品くらいしか、よく知られた長編はないのかな?「火星年代記」も連作仕立てですね。同年代の諸兄は読んだ人も多いかもしれないけど、若い方にももちろんおすすめです。今は文庫があります。作品世界に入り込めた人なら、ラストは泣けます。昔、アメリカで作られた映画(正確にはテレビシリーズ)があって、リアルタイムで見た記憶があったけど、DVDが出ているのをアマゾンで知ってびっくり。仲間内でも、それほど評判は悪くなかった。大筋は原作と変えていなくて、最後のところで映像化するならそういう「キメ」のカットはいるだろうなという場面が加わっていたような記憶が(ネタバレはしません)。

映画というと、トリュフォー監督の「華氏451度」もありましたね。原作のラストが映像化された場面では、絵の美しさが本好きの魂にうったえてきて泣けます。今どきのSF映画は、特にアメリカでやると、どうしてもスペクタクルにならざるをえないのが、ちと残念。これからはショートフィルムの需要はけっこう高まるんじゃないかと思うんで、ブラッドベリの短編をどこかで映像化してくれないだろうか。アニメでもいいな。

リュート曲 - Hoffnung

2010/02/24 (Wed) 19:07:31

また音楽に戻った(謎

これは中世つーかルネサンスつーか、「昔」つながりで。
古楽というジャンルは好きです。昔のリュート曲とか、小編成で素朴なメロディーのやつが特に。BGMにすることがほとんどなので、歌ものよりもインストのほうが相性がいい。ま、そんなたくさん持ってるわけじゃないんですけどね(苦笑

ここでご紹介したのは、日本語訳すると「魔女と錬金術師のためのリュート曲」という、何やらおどろおどろしい題名のCDです。作曲者は当時(15-16世紀くらい?)のヨーロッパ諸国にちらばっていて、要するに一人の作曲家が意図して作ったものではなく、コンピレーションですね。

で、聞いてみると(いま、「針を落としてみると」という言い方を思い出して感慨にひたってしまったよ)、おどろおどろではなくて、むしろ穏やかな印象。説明を読むと、「メランコリーの妙薬」となるような音楽ということだったので、なるほど、そういうことかと。コンピレーションですが、最初は短くて穏やか、後半はけっこう複雑な構成の曲も出てきて、全体としても作り込まれた感じです。

一つ残念なのは、このCD、ソニーから出ていて、強力なコピープロテクトがかかっていること。ちゃんとお金を払って買ったのに、iTunesに読み込めない。ちょっと調べてみると、特殊フォーマットになっているとかで、PCのドライブで読むと壊れたCDとして認識され、ひどいときは読み込みエラーを起こしてドライブのほうが故障するはめになるとか。何とも恐ろしや。

古楽は特に詳しいわけではないので、おすすめサイトの紹介も今日はないです。コンサートのたぐいも行ったことはないんですが、学生やいわゆる市民サークル的な活動もあり、小規模なライブハウスで聴く機会はけっこうありそうです。有名どころだと、つのだたかし氏のユニットがいいです(ちなみにつのだひろ、つのだじろう両氏と兄弟!)。いつか行ってみたいものです。

美術の時間 - Hoffnung

2010/02/22 (Mon) 21:36:29

音楽の次は美術(その次は技術家庭かw?)
中学や高校の美術の教科書に出ているような有名どころはそこそこ記憶に残っていたし、都会育ちのありがたさで結構美術展には足を運んだのだが、クラナッハという画家はずいぶん後になるまで知らなかった(<そのていどの知識です)。

で、ドイツで実物を見て、速攻で気に入った。フットワークの軽いミーハーです。ルターと同時代とかで、われわれが知る彼の肖像画はクラナッハが描いたものとか。その意味では、歴史の教科書で見てた可能性はあるわけだ。ドイツ東部(ザクセン)あたりの宮廷画家だったそうで、ドレスデンやヴァィマールにはすばらしい作品がありました。写真は画集の表紙です。Web Gallery of Artのアドレスはこちら。

http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/c/cranach/lucas_e/index.html

ちなみに名画の絵葉書ブック(製本されていて、一枚ずつ切り離して使う)はいろんなのが出てまして、わりと穏やかなもの(印象派の風景画とか)は人様への挨拶に使ったりしてますが、クラナッハのブックは裸が多かったり服を着ててもサロメだったりするので、フツーの人には送れなかったりします。

鋭い描線でコントラスト強く、どことなくマンガ的というか(微妙に山岸凉子が入っているような)。「光・陽」か「影・陰」かと言われたら間違いなく後者。その意味では綾波系?ルネサンス期の西洋絵画にしてはやけにほっそりした体型で胸も小さい女性ばかり。

...なんてことを旧綾波展のBBSで書いたら、クラナッハは当時のロリ系貴族御用達の絵描きだったとかいうレスが返ってきて納得しましたわ。そういや、何年か前に上野でやった美術展が、確かルネサンス期のもの中心の企画で、ルーベンスなんぞも来ていたのだが、知り合いによると、その時のポスターだかにクラナッハとルーベンスが使われていて、「この差を見よ!」という身もフタもないコピーがあったのだそうな。私は未見だが、かなり笑える。

も一つプログレネタ - Hoffnung

2010/02/16 (Tue) 00:37:06

プログレつながりでもういっちょ。
Progressive rockという言い方は、70年代リアルタイムではあまり英語圏ではされなかったのだそうな。だとすると、これは日本発の英語の言い回しが、世界に広まったことになるのか?ことの真偽はさておき、日本がプログレの一大マーケットであることは確かなようだ。聞き手だけでなく、作り手もまた。

というわけで、今回の写真はFantasmagoria -- Day and Nightのジャケットです。以下、ミクシーでも同じようなことを書いたんですが、再録。

期待のプログレバンドの初フルCD。歌なしで、バイオリンがメインです。技術は高く無問題。CDはプロダクションがちょっとおとなしいというか丸い感じがしますが、ライブはいい感じに角の立った音です。リーダーの藤本女史をはじめ、才能のある人たちなので、さらにぐりぐり作り込んだ次作を期待してます。 藤本女史はクラシック畑でもソリストとして活躍中で、ライブの立ち姿が堂に入ってて素敵です。若いメンバーゆえか、ホームページの自己紹介を見るとドリームシアターあたりが影響を受けたバンドにあがってたりしますが、年寄りからすると、「太陽と戦慄」のクリムゾンを連想することもしばしば。Day and Nightの中でも、真ん中の「竜頭蛇尾」がそんな感じです。同アルバムでは「光降り注ぐ丘」は独特な叙情性があってとても好き。

最後におまけ。インターネットにつなぎっぱなしで音声配信が聞ける環境なら、このサイトがナイスです。音質のよいストリーミングは有料メンバーだけですが、「並み」でよければ無料。

http://auralmoon.com/

プログレ専門ネットラジオです。私はiTunesに登録して、残業で回りに人がいない時なんか派手にかけてます。単純作業を一気に片付けたいときなんかは、メタルをガシガシかけて暴力的な気分になってやったりしますけど(苦笑)。

緋色の王 - Hoffnung

2010/02/14 (Sun) 22:55:20

何せ芸事には縁がなく、ろくでもない文章を書くのが関の山なのである。そういえば大学の時、教授に「おまえはジジくさい声をしてるから、義太夫でもやってみれ」と言われたけど(英文科なのにw)、仰せには従わなんだ。特に音楽は、自分から進んで好みのものを開拓しわけでなく、周りの仲間に付和雷同して趣味ができてきたので、主体性に欠けることこの上ない。音程のズレよりは、デッサンの乱れのほうがまだわかる。

そんなこんなで、傾けるウンチクもないけど、一番ハマったジャンルといえばプログレかしらんと。その中でも、ドップリ度が高いのがクリムゾンやね。もちろん、1974年までのクリムゾンです(<年寄り)。やっぱ、ドロドロ感あってのクリムゾンですよ。とりわけStarlessは「落ち込みフルコース」のハイライトです。写真は73-74年のライブをCD4枚に詰め込んだボックスセット。全部で5時間。さすがに通しで聞いたことはないな。

...と、ここで楽曲の分析でも始められれば見映えがするのだろうけど、できない。すんません。その代わり、前にミクシーに書いたネタを再録しよう。いつだったか(1980年前後?)、NHK FMで渋谷陽一がやっていた番組で、「プログレ人気投票」という企画があった。記憶によれば、こんな順位だった。
 1位ELP   2位ピンク・フロイド
 3位イエス   4位キング・クリムゾン
 5位ジェネシス 6位クイーン
7位以降は忘れたけど、カンザスとかデビット・ボウイとかはいたな。なぜかビートルズもベストテンに入っていたのはご愛敬。ELPやクイーンの順位を見ると、ミーハー人気恐るべしです。

最後に、お気に入りサイトを2つほど。一つ目は初期クリムゾンの作詞をしていたピート・シンフィールドの個人サイト。このお方の歌詞は含蓄があって、「詩」と呼ぶにふさわしいものでした。二つ目はミクシーでも紹介した、イギリスのアート集団ヒプノシスの中心人物の個人サイト。さすがなセンスです。

http://www.songsouponsea.com/
http://www.stormthorgerson.com/

ペンの話 - Hoffnung

2010/02/07 (Sun) 15:48:18

筆記用具はけっこうこだわってしまう。
元々筆癖が悪くて字が下手。上手く書こうとは思わないのだが、ストレスの少ない道具はほしい。というわけで、ペンをあれこれ物色することになる。

まず、ふつうのボールペンはだめです。ペンをねかせてヘロヘロっと書くたちなので。ゲルインクのローラーボールでたまに当たりを引くくらい。んで、万年筆を使いたくなるのだが、高いものは猫に小判、お手軽なものを衝動買いが基本です。

長年使っていて一番タッチのよいのは、一番上にあるロトリングのアートペンだったりする。文房具屋でなく、画材屋さんにおいてある。千円ちょっとかな?なくしたり、壊れたりして(ボディーは軟弱なプラスチック製ゆえ)、何度か買い替えて今に至る。淡彩のためのスケッチに使うのを想定しているのか、本体についてくるのは顔料系インクだが、モンブランの普通のカートリッジが使えるのが有り難い。しかし、ロトリングも身売り話があったので、またストックを買い足しておこうかと思う今日このごろ。

二番目は旅行先の本屋兼文具屋に置いてあったペンで、これも2-3千円だが、こっちはかなり書いた感じがよい。天然素材の削りだしだったらすごいけど、もちろんただのプラスチックなり。これもスケッチ用なのか、パステルや水彩の画材のとなりに置いてあったな。

三番目はドイツから帰るときに空港の免税で買ったモンブランで、生涯で唯一の高級万年筆だったりする。しかし、悪銭身に付かず?じゃないが、ペン先が不調でねー。調整に出したいのだが、金も暇もない。残念。

ま、シルバーメタリックは何にせよ好きです。眼鏡っ娘も基本は細いシルバーメタリックのフレームでしょう(笑)。

一番下のはどこかの美術館のお土産コーナーで買ったもの。デザインは素敵なんだが、さすが安物(1-2千円くらいだったかな?)、ペン先は固くて針先でガリガリ引っ掻いてるみたいで、おまけにすぐに錆が出ましたとさ。ま、筆入れのインテリアとしては悪くない。

ブツブツ・・・ - 横着星

2010/01/25 (Mon) 07:28:56

なんか最近ネットでは呟きモードが流行ってるようだったがこっちでも始まるのか(あわわ)。
んでも脂っこい方の管理人としては何をすべきなのか? 
何とか風邪も治まったしけど(結局完治まで二週間(涙))また適当な画像でも垂れ流す程度しか出来んわなあ(苦笑)。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.